So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「エンドレス・ポエトリー」 [映画(新作)]

endless.jpg
POESIA SIN FIN
ENDLESS POETRY
2016フランス/チリ/日本

監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演: アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・タウブ、アレハンドロ・ホドロフスキー、イェレミアス・ハースコヴィッツ


 今年の劇場観賞1作めの映画です。

 アレハンドロ・ホドロフスキー監督の作品はかつて「エル・トポ」「ホーリーマウンテン」と観て、映像の圧倒的パワーと映画の無限の可能性に衝撃を受けました。理解出来ない表現も多々ありましたが・・・。

 3年前に観た「リアリティのダンス」は相変わらず毒のある手法ながら、心に響く美しい作品でした。本作はそれに続く、アレハンドロ監督の若かりし日々を描いた自伝となっています。人間賛歌のエンターテイメントとして素晴らしいし、芸術としての映画に徹した作品でもありました。


 撮影はクリストファー・ドイル、衣装はホドロフスキー夫人が担当。また、息子アダンとブロンティスが若きアレハンドロとその父親を演じていて、アダンは音楽も担当しています。監督自身も(未来の)老いたアレハンドロ本人として出演しています。

 抑圧的な父親に反発し、さまざまな出逢いを経験しながら、詩人として生きる覚悟を固めるまでの青年アレハンドロの葛藤が描かれていました。実際に当時暮らしていたチリの街で撮影が行われたとのこと。


 彼は自らに問いかけます。人は死に向かって全てが無になるのに、生きる意味はあるのか・・・と。老いたアレハンドロは、ただ生きることが答えだと説きます。苦悩する過去の自分に、現在のアレハンドロが語りかける言葉には説得力がありました。

 超個性的な登場人物たち。艶やかな色彩と生々しい描写の連続。本作でもホドロフスキー監督は攻めまくっています。88才とは思えない瑞々しさで、頭に浮かんだイメージをそのまま映像にしてしまう自由さ。好き嫌いを超越して、シーンのひとつひとつが驚きでした。眠っている感覚を呼び覚まされるような不思議な世界に引き込まれます。家族を動員しての自伝という形をとりながらも、普遍的なテーマと芸術的な表現で、とても興味深い映画となっていました。


 クラウドファンディングで1万人以上から資金を集めて制作されたという。出資者がクレジットされたエンドロールはホドロフスキー監督のカリスマ性を物語っていて壮観でした。

☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2017年のベスト作品 [映画その他]

☆昨年は劇場で40本の映画を観ました。
 その中から私の好きだった作品を順に選んでみました。

「ブレードランナー 2049」
 世界観が好きです。奥深い映像と哲学的なストーリーに引き込まれました。次の「ラ・ラ・ランド」と迷ったのですが、より刺激的だったので。

「ラ・ラ・ランド」
 切ない愛の話ですが、歌やダンスなど演出が楽しかった。”ときめき”はベストの映画でした。

「セザンヌと過ごした時間」
 空気感が心地良く、心の琴線に触れる作品でした。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」
 ひたすら楽しかった。クリス・プラットが格好良いです。

「マグニフィセント・セブン」
 ウェスタンで描かれる男同士の絆はたまりません。

「ハクソー・リッジ」
 戦闘シーンの迫力に圧倒されました。

「ムーンライト」
 自分らしく生きることの困難。美しい映像が心に沁みました。

「T2 トレインスポッティング」
 20年ぶりに彼らの姿が観られて嬉しい続編でした。

「夜明けの祈り」
 女性の解放の物語に感動しました。

「スプリット」
 ジェームズ・マカヴォイの変幻自在の演技は見応えありました。

「ダンケルク」
 臨場感溢れる演出が素晴らしかった。

「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」
 モーツァルトとオペラの魅力を再認識しました。

「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
 楽しい動物たちとレッドメインの魅力的なキャラクターが良かった。

「マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ」
 イーサン・ホークがはまり役でした。


☆TVドラマのベストは・・・
「ピウス13世 美しき異端児」でした。
法王ジュード・ロウの魅力とバチカンの世界にはまり、DVDを購入して何度も観ました。


昨年はあまり観なかった邦画を今年はもっと観たいと思っています。
今年もいい映画、ドラマにたくさん出会えますように・・・。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「炎の人ゴッホ」 [旧作(DVD・TV)]

lustfor.jpg
LUST FOR LIFE
1956アメリカ
監督:ヴィンセント・ミネリ
原作:アーヴィング・ストーン

出演:カーク・ダグラス、ジェームズ・ドナルド、アンソニー・クイン、パメラ・ブラウン、ジル・ベネット、エヴェレット・スローン、ニオール・マッギニス


 こちらも12月。ゴッホが気になって少し前に録画したものを観ました。

 青年期から37歳で自殺するまでのゴッホの生涯を描いた伝記映画です。

 父親と同じ伝道師となるも、貧しい労働者への献身が過ぎて破門され、弟テオの援助を受けて本格的に画家の道に進む。大失恋の後、パリへ。そこで多くの画家に刺激を受け、意気投合したゴーギャンとアルルで共同生活を始める。しかし、ほど無く二人の関係は悪化、耳切り事件を起こしたゴッホは精神病院へ入る。退院後はパリから少し離れた村オーヴェルで制作を続けるが、37歳の時ピストルで自ら命を断つ。・・・というドラマティックな生涯が綴られています。


 それぞれの時代の出来事を順に追いながら、ゴッホの代表作を紹介していて、ゴッホの全てがわかる年譜のような作品でした。

 ゴッホの多様で繊細でエモーショナルな作品の数々に改めて感動。描くことへの情熱というか、執念の凄さに圧倒されました。

 ゴッホを演じたカーク・ダグラスが素晴らしい。外見だけでなくゴッホの魂が乗り移ったような演技に引き込まれます。また、ゴーギャン役のアンソニー・クインも強烈な印象を残します。実物を見て現実を描いたゴッホとは対照的に、想像に重きを置いて描いたゴーギャン。今度はゴーギャンの人生も詳しく知りたくなりました。アカデミー賞で、K・ダグラスは主演男優賞にノミネートされ、A・クインは助演男優賞を受賞しています。

 作品が全く売れない中、テオがゴッホに資金援助を続けた事が不思議でしたが、本作を観て腑に落ちた気がします。兄への愛と芸術全体への理解がとても深い人だったのだろうと思いました。

☆☆☆☆



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「オレの獲物はビンラディン」 [映画(新作)]

armyofone.jpg
ARMY OF ONE
2016アメリカ

監督:ラリー・チャールズ
原作:クリス・ヒース
出演:ニコラス・ケイジ、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、ラッセル・ブランド、アドリアン・マルティネス、マシュー・モディーン、デニス・オヘア

 12月に観た映画です。

 オサマ・ビンラディンの行方を追ってたった一人でパキスタンに乗り込んだ実在のアメリカ人、ゲイリー・フォークナーの冒険譚。コメディーです。

 ニコラス・ケイジがテンションMAXでゲイリーを演じています。その怪演ぶりに、驚きと好奇と恥ずかしさの入り雑じった思いで釘付けでした。・・・が、この弾けっぷりはニコラスでなければ演じられなかったと、彼の演技力とプロ精神に改めて感服しました。


 ゲイリーの破天荒な人生とその強烈な個性には驚かされましたが、勇んでパキスタンに乗り込んだ割には、だらだらと観光して現地の人と仲良くなったりと、自由すぎて呆れます(苦笑)。

 ”ビンラディンを捕まえよ”と神の啓示を受けた(と信じる?)ゲイリーと、正に神出鬼没の神とのやり取りが可笑しい。神を演じた俳優ラッセル・ブランドも良い味が出ていて上手かった。


 機関銃のように脈絡なく喋りまくるゲイリーですが、恋人と心を通わせるシーンは唯一ほっと安まる瞬間でした。このあたりは映画向けの脚色だと思います。私見ですが本物のゲイリーは映画の何倍も変人のはず、絶対そばにいて欲しくないタイプの人なので。


 「バーディー」でニコラスと共演したマシュー・モディーンが出演していたのは感慨深かった。

 笑いの種類としては結構好きです。決しておすすめは出来ませんがなかなかの力作。面白い映画でした。

 ☆☆☆



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

あけましておめでとうございます。 [その他]

あけましておめでとうございます。


今年の初観賞の映画は、
「ノッティングヒルの恋人」(wowow放送)でした。
有名女優と平凡な英国青年のラブストーリー。
ヒュー・グラント演じる、頼りないけど
心優しい主人公がとても魅力的。

何度も観た作品ですが、
観る度に純真な気持ちに戻れるような
そんな素敵な映画です。

今年も心に残る映画にたくさん出会えますように・・・。

本年もよろしくお願いいたします。

2018年元旦

notting.jpg



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

ゴッホ展「巡りゆく日本の夢」 [その他]

vangogh.jpg

 ・・・という訳で、ゴッホ展に行ってきました。http://gogh-japan.jp/

 フィンセント・ファン・ゴッホ(1853~1890)と日本との関係をテーマに、ゴッホの油絵やデッサン、浮世絵、日本との深い繋がりを示す文献など展示してありました。


 なるほど、ゴッホの絵には構図や色彩に浮世絵の影響を感じさせるものが多い。27歳で絵の道に入り、33歳ごろ浮世絵に出会い、37歳で逝去。短い期間によくあの独自のスタイルを築き上げられたものだと驚嘆します。

 ゴッホに関する文献としては、主に弟テオに宛てた手紙が大量に残っていますが、その中で日本に言及した文章も紹介されていました。映画を観た直後のせいもあり、浮世絵に魅せられ、日本に憧れたゴッホの想いが、とても切ないと思いました。


 ゴッホの死の20数年後、日本でブームとなり、多くの日本人が墓のあるパリ近くのゴッホ最期の地を訪れたという。その際記された署名や写真なども展示してあり、改めてゴッホの偉業と儚くも濃厚な画家の人生に想いを馳せました。

 ゴッホの有名な作品もいくつか鑑賞できて貴重な展示会でした。



nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「ゴッホ 最期の手紙」 [映画(新作)]

vangogh1.jpg
LOVING VINCENT
2017イギリス/ポーランド(Anime)

監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
出演:ダグラス・ブース、ジェローム・フリン、ロベルト・グラチーク、ヘレン・マックロリー、クリス・オダウド、シアーシャ・ローナン、ピョートル・パムワ、ジョン・セッションズ、エレノア・トムリンソン、エイダン・ターナー


 オランダ人の天才画家ゴッホが弟テオに宛てた最期の手紙を郵便配達人の父から託された息子アルマンが、手紙の届け先を探しながら、ゴッホの死の真相に迫って行く物語。

 ゴッホが生前関わった人々の証言から、最期のゴッホの様子が徐々に明らかになっていきます。彼は何故死んだのか、自殺か他殺なのか、なかなか興味深いミステリーになっていました。


 アニメ作品ですが、ゴッホの作風に似せた油絵を動かすという革新的な映像です。総勢125人の画家たちが6万枚以上もの油絵を描いてアニメーション化したという。以前TVか何かで制作風景を見た気がします。気の遠くなる作業に驚きましたが、本当に完成していたなんて凄い。

 新感覚の映画でしたが、あの色彩とタッチの油絵がどろどろと動く映像を観ていると、慣れるまでは酔いそうでした。過去の出来事を語る時のモノクロのシーンになる度にほっとしましたが、それがなかったら辛かったと思います。

 俳優が実際に演じて、それを絵画調に加工しているシーンもあり、どこまでが油絵のアニメなのか、どこからが絵となった俳優の演技なのか、不思議な世界に誘われます。


 ストーリーも、様々な人物が登場してとても興味深かった。アルマンのゴッホに対するイメージが変化するように、私も改めてゴッホの人物像を捉えることができた気がします。

 10年というあまりに短い画家人生。絵が売れず、キャンバスが買えないほど困窮するなかで、ゴッホは何を思っていただろう。数々の挫折、援助してくれる弟テオへの負い目、精神の病、どれだけ孤独で生きづらかっただろうと思うと胸が締め付けられました。

 短い生涯で油彩画だけで800以上もの作品を残したゴッホ。日本の浮世絵を研究したりしながら、独自のスタイルを確立していった情熱は、正に天才と呼ばれる所以だと思います。

 早く絵が売れていたら、画家の人生も大きく変わっていたかも知れない。何とも悲劇的な運命ですが、それも含めてゴッホの絵画に惹き付けられるのだと思いました。
☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」 [映画(新作)]

interlude.jpg
INTERLUDE IN PRAGUE
2017イギリス/チェコ

監督:ジョン・スティーヴンソン
出演:アナイリン・バーナード、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス、モーフィッド・クラーク、デヴラ・カーワン、エイドリアン・エドモンドソン、アンナ・ラスト、ルビー・ベントール


 1787年、「フィガロの結婚」の大ヒットによりプラハに招かれたモーツァルトが、滞在中に「ドン・ジョヴァンニ」を書き上げたという実話をベースにしたドラマ。可憐なオペラ歌手スザンナとモーツァルトの恋、彼女を狙うサロカ男爵の悪行を「ドン・ジョヴァンニ」のストーリーに重ねて描いています。序曲を初演開始ぎりぎりに仕上げたという興味深いエピソードも入っていました。


 モーツァルトを演じたのはアナイリン・バーナード。「ダンケルク」で英兵の中に紛れ込んでいたフランス兵を演じた俳優。台詞はないけど端整な顔立ちで妙に印象に残っています。

 そのアナイリン・バーナードが、本作では天性の無邪気さを持つ天才モーツァルトをとても魅力的に演じています。今まで観た中で一番心を掴まれたモーツァルトかも知れません。

 モーツァルトの、音楽に向き合う真剣な表情と、周囲の人々に振り撒く愛嬌とのギャップに魅了されました。妻子がありながら他の女性に引かれる設定も、その純真無垢な性格、品のある振る舞いで、憎めないキャラクターになっています。


 スザンナ、サロカ男爵をはじめ、俳優陣もそれぞれ役に合っていて良かったし、何より、「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」のオペラシーンはたっぷり聴かせてくれます。モーツァルトの歌曲の崇高な美しさに改めて感じ入り、彼の作品をもっと聴きたくなりました。

 綺麗なプラハの風景と豪華な衣装も見応えあります。素敵な音楽映画でした。

☆☆☆☆


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「永遠のジャンゴ」 [映画(新作)]

django.jpg
DJANGO
2017フランス

監督:エチエンヌ・コマール
原作:アレクシ・サラトコ
出演:レダ・カテブ、セシル・ドゥ・フランス、ベアタ・パーリャ、ビンバム・メルシュタイン、ガブリエル・ミレテ、ジョニー・モントレイユ、ヴァンサン・フラド、グザヴィエ・ボーヴォワ、パトリック・ミル


 ジプシー出身の天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトを主人公にした音楽伝記ドラマです。

 時代を1943年~1946年に絞り、ナチス政権時代のフランスで、激しい迫害を受けたロマの人々の苦難とジャンゴの過酷な運命が描かれています。

 ジャンゴ・ラインハルトについては初めて名前を知りました。そのクラシックとジャズを融合したような音楽と、表現豊かなギターテクニック(何本かの指が障害で使えないとは思えない細やかさ)が素晴らしかったというのが本作でよくわかりました。

 虐殺シーンもあり、ナチスによる残酷な迫害シーンには胸が痛む。有名な音楽家である自分にまで害は及ぶまいと初めは呑気に構えていたジャンゴも、ますます悪化する情勢に危機感を募らせて行きます。

 そしてナチスのための演奏依頼が来た時、彼はスイスへの亡命を決断します。

 ジャンゴは、セシル・ドゥ・フランス演じる愛人もいるが、妻や母親のことを何より大切に思っている、人間味溢れる人物として描かれていました。演じたのはレダ・カテブ。私は初めて見る俳優でしたが上手かった。彼の抑えた演技から、ジャンゴの心の中に込み上げる悲しみの深さや怒りの激しさが、ひしひしと伝わって来ました。


 足止めされた国境近くの潜伏先で、恐怖と絶望の中にありながら、作曲を続けるジャンゴ。音楽が彼の唯一の武器であり希望だったのだと思いました。

 人間の自由と尊厳を奪う醜い戦争の中で、ジャンゴの「レクイエム」がひときわ悲しく美しく、心の底に響きました。

☆☆☆☆


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「ローガン・ラッキー」 [映画(新作)]

logan.jpg
LOGAN LUCKY
2017アメリカ

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー、ライリー・キーオ、セス・マクファーレン、ケイティ・ホームズ、キャサリン・ウォーターストン、ヒラリー・スワンク、ダニエル・クレイグ
 
 運に見放されたローガン家の長男ジミー。妻には逃げられ、仕事も失い、追い詰められた彼はある大胆不敵な強盗計画に最後の望みを託す。それは全米最大のモーター・スポーツ・イベントNASCARのレース中に、地下の金庫に集められた莫大な売上金を盗み出すというもの。しかしそれを成功させるためには、弟クライドと妹メリーのほかに、どうしても爆破のプロ、ジョー・バングの協力が必要だった。そこで現在服役中のジョーを脱獄させ、強盗終了後に再び刑務所に戻すという前代未聞の作戦が決行されるのだったが・・・。(allcinema解説より)


 引退していたスティーヴン・ソダーバーグ監督が4年振りにメガホンをとった復帰作です。

 社会からはみ出した男たちが、起死回生を計り奇想天外なやり方で現金強奪を実行するというストーリー。


 登場人物たちの不器用で頼りない姿がほほえましい。ハプニングの連続にハラハラしながらも、ユーモラスなやり取りが可笑しかった。“ローガン家の呪い”や“カリフラワー計画”など、いちいち馬鹿馬鹿しくて笑えます。

 チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー、ダニエル・クレイグなど、各キャラクターを真面目に演じている俳優たちも良かった。実力派揃いなので安定感があるし、コミカルな演技も上手いです。

 ことなかれ主義のトップたちの描写はブラックユーモアが効いている。作り手も楽しかっただろうと想像し、メイキングが観たくなります。

 手放しで楽しめる、面白い映画でした。

☆☆☆


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -