So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション [その他]

img007.jpg

img008.jpg

「ビュールレ展」に行って来ました。
 http://www.buehrle2018.jp/


 エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)はその質の高いコレクションで知られるスイスの美術収集家です。2020年に全ての作品がチューリヒ美術館に移管されることになっており、これほどの傑作が日本で一堂に集まるのは最後の機会かも知れません。

 http://www.buehrle2018.jp/works
 とにかく素晴らしいコレクションでした。
 古典主義から印象派に変遷する過程や様式の特徴が解りやすく展示してあり、画家それぞれの個性をより深く感じることができました。
 印象派を主に、近代絵画64点が空間を十分とって広々と展示してあり、ゆったりと快適に鑑賞できました。半分は日本初公開の作品だそうです。

 話題の傑作絵画、ルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》、セザンヌの《赤いチョッキの少年》、ゴッホの《日没を背に種まく人》を、目の前で鑑賞できて感激でした。

 セザンヌの絶筆で未完成とされる《庭師ヴァリエ》、ゴッホの《アニエールのセーヌ川にかかる橋》、コローの《読書する少女》は個人的にとても好きな作品です。
 特に、セザンヌとゴッホは各6点が揃い、画家の様式の歴史が細かく見られて興味深かったです。

 モネとマネの、庭を描いた風景画は色彩がとても美しくてうっとりしました。モネは、壁一面を占める睡蓮の大作も印象的でした。

 他に、ドガ、カナレット、シニャック、シスレー、ピサロ、ゴーギャン、ロートレック、ブラック、ピカソなど、名前を並べるだけでワクワクしますが、これほどの巨匠の傑作を一度に鑑賞できるのはとても貴重だと思いました。

 近代絵画の魅力をギュッと凝縮して味わうことができる、至福の展覧会でした。



nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」 [映画(新作)]

darkest.jpg
DARKEST HOUR
2017イギリス

監督:ジョー・ライト
出演:ゲイリー・オールドマン、クリスティン・スコット・トーマス、リリー・ジェームズ、スティーヴン・ディレイン、ロナルド・ピックアップ、ベン・メンデルソーン


 ゲイリー・オールドマンの迫真の演技に魅せられました。文句なしのオスカー受賞、素晴らしいです。


 第二次世界大戦初期、ナチス・ドイツの驚異が迫るイギリスで、首相に就任してからの27日間に焦点を当て、ヨーロッパの命運を分ける最大の決断を下すまでのウィンストン・チャーチルの孤独な戦いが描かれています。

 和平か徹底抗戦か、イギリスがここまで追い詰められていたとは、考えたことがなかった気がします。特に中盤からラストまで、屈辱の和平と国の誇りの狭間で決断を迫られるチャーチルの葛藤が凄まじくて、思わず力が入りました。

 オスカーを受賞した辻一弘の特殊メークが見事で本物の皮膚にしか見えない。チャーチルの顔のアップの映像は全く違和感ありません。どれだけオールドマンの演技の支えになっただろうと思うと、同じ日本人として誇らしいです。

 激情的なチャーチルを優しく叱咤激励する夫人の存在も印象的。クリスティン・スコット・トーマスが魅力的に演じています。タイピストのエリザベスを演じたリリー・ジェームズの演技も良かった。夫人との会話やエリザベスとの交流が、人間味あるチャーチルの人物像を浮かび上がらせていました。


 それにしても、あの世紀の大撤退”ダイナモ作戦”の裏にこんな大きな英国民の決意と覚悟があったのかと、戦争の現実に改めて震撼しました。映画「ダンケルク」のシーンが甦える。そして、この後も独ソ開戦、米参戦、太平洋戦争と、大戦が続いたことを思うと暗澹とした気持ちになりました。


 全編を通してチャーチルの演説のシーンは圧巻です。“彼は言葉を武器に戦争をしている”という表現がありましたが、正にチャーチルの言葉には人の心を動かす力がある。作家でもある彼は後にノーベル文学賞を受賞しています。


 知らなければオールドマンと気付かないかも。だけど間違いなく彼だからこそ成立したチャーチルでした。

☆☆☆☆



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「レッド・スパロー」 [映画(新作)]

redsparrow.jpg
RED SPARROW
2018アメリカ

監督:フランシス・ローレンス
原作:ジェイソン・マシューズ
出演:ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ

 ロシアの諜報機関の訓練施設で、ハニートラップと心理操作を武器とするスパイ(スパロー)に仕立て上げられた元バレリーナのドミニカは、アメリカに情報提供する二重スパイを突き止める任務を遂行するため、CIAエージェントと接触する。


 先が読めず、緊張に次ぐ緊張の連続。派手なアクションは少ないですが、本心が何処にあるの全くかわからない、スパイ同士の駆け引きがとてもエキサイティングでした。原作者のジェイソン・マシューズは実際にCIAの工作員だったら人しい。

 主人公ドミニカを演じたジェニファー・ローレンスのクールで体当たりの演技に圧倒されます。脱ぎっぷりだけでなく演技が上手いので、スパイ活動って本当にこんなかも・・・と思えるし、ドミニカの悲哀や孤独が伝わって来て、胸がひりひりしました。

 ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリングなど、その他の俳優陣も渋い演技派揃いで見応えありました。

 拷問のシーンは残酷で怖かったですが、それにも増して複雑な問題を抱える今の時代に、映画で描かれる米ロの関係はリアル過ぎて怖かったです。


 国家の裏切り者として処刑される危機をドミニカがどうやって切り抜けるか。二転三転するストーリーにドキドキしながら引き込まれました。

☆☆☆☆



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」 [映画(新作)]

varelian2.jpg
VALERIAN AND THE CITY OF A THOUSAND PLANETS
2017フランス

監督・脚本:リュック・ベッソン
原作:ピエール・クリスタン(作)、ジャン=クロード・メジエール(画)
出演:デイン・デハーン、カーラ・デルヴィーニュ、クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、ハービー・ハンコック、クリス・ウー、サム・スプルエル、ルトガー・ハウアー、ジョン・グッドマン(声)


 様々な種族が共生する28世紀のアルファ宇宙ステーションを舞台に、宇宙の平和を守る特殊エージェント、ヴァレリアンとローレリーヌの活躍を壮大なスケールで描き出す。(allcinema解説より)


 原作は1967年から連載が始まったSFコミック。「スター・ウォーズ」シリーズにも影響を与えたという伝説の作品・・・らしい。

 デイン・デハーン主演であるし、気楽に楽しめそうな作品だと思って劇場に足を運んだのですが、これが期待の何倍もの面白さでした。


 舞台は西暦2740年の宇宙。取り込んだ物質を増幅させる“変換器”を回収する任務に当たるヴァレリアン捜査官と相棒ローレリーヌ。やがてその背景にある陰謀が明らかになり・・・というストーリー。

 空や海の自然から人工的な未来の建築物まで、映像がとても綺麗で見応えありました。バラエティに富んだ宇宙の生き物達の造形や特性も丁寧に作り込んであり、全てが楽しくてワクワクします。

 映像とストーリーに既視感はありますが、主役二人の魅力的なキャラクターで、終始引き込まれます。性格はチャラいが“出来る”男ヴァレリアンをデハーンが好演。ブラッド・ピットを彷彿させる甘く茶目っ気のあるマスクは、目の保養になりました。ローレリーヌを演じたカーラ・デルヴィーニュもクールさがまた可愛くてずっと観ていたい感じ。任務の間もローレリーヌを口説きまくるヴァレリアン。二人の軽妙な掛け合いがとても良いです。

 リュック・ベッソン監督の作品は久しぶりでしたが、愛と平和のメッセージを盛り込んだ絶妙な脚本と、ユーモアのセンス、惜しげないサービス精神には改めて恐れ入りました。

 最先端のVFXを駆使していると思いますが、50年も前の原作だけあって、何処かレトロ感が漂う所も良かった。最後はすっきり、壮快な気分になれます。

 クライヴ・オーウェン、リアーナ、イーサン・ホーク、ハービー・ハンコック、ジョン・グツドマン(声)。ルトガー・ハウアーまで動員した、贅沢な俳優の使い方には驚かされました。

 一度観ただけでは処理しきれないほど、見所満載でした。

☆☆☆☆



nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「ラッキー」 [映画(新作)]

lucky.jpg
LUCKY
2017アメリカ

監督:ジョン・キャロル・リンチ
脚本:ローガン・スパークス、ドラゴ・スモンジャ

出演:ハリー・ディーン・スタントン、デヴィッド・リンチ、ロン・リヴィングストン、エド・ベグリー・Jr、トム・スケリット、ジェームズ・ダーレン、バリー・シャバカ・ヘンリー、ベス・グラント、イヴォンヌ・ハフ・リー、ヒューゴ・アームストロング


 ハリー・ディーン・スタントンと言えば「パリ、テキサス」「ワイルド・アット・ハート」を思い出します。リチャード・ファーンズワース主演の「ストレイト・ストーリー」は大好きな作品です。

 昨年他界した彼の最後の主演作となった本作。正に彼の集大成と言える素晴らしい演技でした。スタントンにはカウボーイ・スタイルと、乾いたメキシコの原風景がよく似合う。脚本は彼をよく知る友人ローガン・スパークス&ドラゴ・スモンジャ。俳優ジョン・キャロル・リンチの初監督作品です。


 メキシコの国境近くの田舎町で一人暮らす90歳のラッキー。日々の日課をこなし、町の人々と会話を交わし、穏やかないつもの日常が繰り返されるが、ある日突然倒れて病院に。大事には至らなかったものの、その日から彼は自身の死を意識し始める。


 スタントンのために書かれた脚本だけあって、ラッキーの生き方はスタントン本人のそれと重なります。皺だらけの顔に萎びた身体が死を予感させて寂しさが募りますが、老いても威厳ある佇まいはとても恰好良い。

 度々流れるハモニカ曲”Red river valley”を自身が演奏、マリアッチと共にメキシコの歌を披露するなど多才振りを発揮。スタントンの人間性が滲み出る全てのシーンから目が離せず、自然に涙が溢れていました。


 ユーモラスで、哲学的でもある町の人々との会話は、粋で味わい深く、憎まれ口をたたきながらもラッキーが人々に愛されているのが感じられて心が暖まります。

 スタントン本人の実体験も含む、ラッキーが太平洋戦争や少年時代の体験を語るシーンでは、胸が締め付けられる思いでした。

 友人役のデヴィッド・リンチをはじめ、脇を固める俳優も皆上手い。リクガメを象徴的に用いた演出も良かった。


 人生の最期に向き合う老人のリアルな姿を映し出した、味わい深いドラマでした。

 エンドクレジットで流れるスタントンに捧げられた歌”The man in the moonshine”には、感無量でまた涙。こうして、名優スタントンへの敬愛の想いが込められた作品を観られた事に感謝。本当に魅力的な俳優です。

☆☆☆☆



nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「リメンバー・ミー」 [映画(新作)]

coco.jpg
COCO
2017アメリカ(Anime)
監督:リー・アンクリッチ
音楽:マイケル・ジアッキノ

声の出演:アンソニー・ゴンサレス、ガエル・ガルシア・ベルナル、ベンジャミン・ブラット、アラナ・ユーバック、レニー・ヴィクター、ハイメ・カミル、アナ・オフェリア・ムルギア、ナタリア・コルドバ=バックリー、ソフィア・エスピノーサ
日本語吹替:石橋陽彩、藤木直人、橋本さとし、松雪泰子、磯辺万沙子、横山だいすけ、大方斐紗子、中村優月、渡辺直美、シシド・カフカ、東京スカパラダイスオーケストラ
 

 ディズニーピクサーのアニメ作品。ピクサー初のミュージカルです。

 アカデミー賞の授賞式で、ガエル・ガルシア・ベルナル&ミゲル&ナタリア・ラフォルカデのパフォーマンスで聴いて、何て優しくて美しいメロディーだろうと、主題歌が頭から離れなくなりました。

 オスカーの結果は長編アニメ賞と主題歌賞を受賞。そして、その評価通りの素晴らしい作品でした。


 観ていくうちに“COCO”という原題に込められた深い意味が解って涙が止まらなかった。“Remember me”の、より切ない意味も・・・。今は歌を思い出すだけで涙が溢れます。


 メキシコにも日本のお盆のような慣習があるのですね。ぐっと親近感が沸きます。映画では“死者の日”と呼んでいます。その日、祭壇に写真を祭っておくと、その死者の魂があの世から現世にやって来るという。

 祭りの日、死者の国に迷い込んだ音楽大好きな少年ミゲルが、そこで繰り広げる冒険を通して、家族の絆と愛することの尊さを再見する物語です。捻りの効いた面白いお話でした。


 ミゲル少年がとても可愛くて、彼の冒険に一喜一憂しながら観入りました。映像もとても綺麗。ギターの演奏やメキシコらしいマリアッチの曲も、時に華やかで時に切なく聴き応え十分。相棒の犬も可愛いし、死者の国の個性的な住民たちも魅力的でした。
 
 現在と過去の大切な人への想いが胸に溢れて心が癒されるよう。とてもとても素敵な映画でした。

 オリジナルの“Remember me”が聴きたかったのですが、劇場と時間の都合で吹替版にしました。結果的に日本語の歌詞も声も良かったので大満足。シシド・カフカ&東京スカパラダイスオーケストラの吹替版の主題歌も良かったです。

☆☆☆☆



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「シェイプ・オブ・ウォーター」 [映画(新作)]

shapeof.jpg
THE SHAPE OF WATER
2017アメリカ

監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ
出演:サリー・ホーキンス、マイケル・シャノン、リチャード・ジェンキンス、ダグ・ジョーンズ、マイケル・スタールバーグ、オクタヴィア・スペンサー、デヴィッド・ヒューレット、ニック・サーシー


 米ソ冷戦時代のアメリカ。口の利けない女性イライザが掃除婦として働く政府の極秘研究所に、ある日不思議な生きものか運び込まれる。水槽に繋がれたその人魚のような怪物に魅せられたイライザは、秘かに水槽に通い彼と心を通わせて行く。

 そんな中、研究のために怪物を生体解剖する計画を耳にしたイライザは彼を救う決意を固める。一方で、アメリカの研究を阻止しようとソ連のスパイも怪物の抹殺を企んでおり・・・。


 社会の片隅で生きる孤独な女性と、心ない人間に虐げられる異形の怪物の、切なくも美しい純愛を描いたファンタジーです。

 美しい映像と音楽に引き込まれる。水中で愛し合うイライザと怪物、窓の雨粒を捉えた映像など、素敵なシーンが沢山ありました。イライザが帽子を枕にバスの窓にもたれるシーンも印象的でした。

 うす暗い研究所、イライザのアパートの寂しげな風景の中に効かせた緑や赤の色彩に心がざわつきます。


 一歩間違えればグロテスクでしかないところを踏み留まって、甘美なお伽噺に昇華させているのは、怪物の造形の上手さとサリー・ホーキンスの演技による所も大きいと思いました。

 怪物を演じたダグ・ジョーンズも良かったし、イライザの友人でゲイの画家を演じたリチャード・ジェンキンス、同じく友人で人情味ある同僚役のオクタヴィア・スペンサーもいい。敵役ながら政府の圧力に追い詰められる悲哀を演じたマイケル・シャノンの怪演も光ります。


 細部に拘るギレルモ・デル・トロ監督の演出は素晴らしいの一言。イライザの境遇は、王子の側で暮らすために声を失ったアンデルセン童話の「人魚姫」を連想させます。監督は、かなり繊細でロマンティックな人なのだろうと思いました。

 デル・トロ監督ののオスカー受賞時のスピーチは感動的でした。

☆☆☆☆



nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」 [映画(新作)]

maudie.jpg
MAUDIE
2016カナダ/アイルランド

監督:アシュリング・ウォルシュ
出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク、カリ・マチェット、ガブリエル・ローズ、ザカリー・ベネット、ビリー・マクレラン


 カナダの女性画家モード・ルイスの人生を、夫エベレットとの愛の軌跡とともに描き出した伝記映画。サリー・ホーキンスとイーサン・ホークの味わい深い演技に引き込まれました。


 リウマチで手足が不自由ながら、独学で生涯絵を描き続けたモード。絵の具を混ぜないで自然の風景や身近な生き物を描いた素朴な作風はとても暖かみがあります。

 親戚の家で厄介者扱いされていた彼女ですが、たまたま見つけた求人で独り者の魚の行商人エベレットの小さな家に家政婦として住み込んでから、人生を大きく変えて行きます。

 口下手で粗暴な性格のエベレットと度々衝突しますが、彼はモードが絵を描くことは決して止めなかった。それが彼のすごい所で、お互い運命の相手だったとしか思えません。


 やがて二人は結婚し、モードの絵が売れ始めても慎ましい生活を変えることなく支え合って生きて行きます。

 乱暴な言葉でモードの心を傷つけてしまうこともある無器用なエベレットだが、働き者で家事も手伝うなど根は優しい。彼女が絶望にうちひしがれた時には、そっと彼女の痛みに寄り添います。


 生活は貧しくても、言葉にしなくても、深い愛が感じられる素敵な夫婦の形に心が温まる。モードの絵が心に響くのは、彼女の愛と幸福な想いがいっぱい詰まっているからだと思いました。素敵な映画でした。

☆☆☆☆



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「グレイテスト・ショーマン」 [映画(新作)]

gratest.jpg
THE GREATEST SHOWMAN
2017アメリカ

監督:マイケル・グレイシー
音楽:ジョン・デブニー、ジョセフ・トラパニーズ
楽曲:ベンジ・パセック、ジャスティン・ポール

出演:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ、キアラ・セトル、ヤーヤ・アブドゥル=マティーン二世、エリス・ルービン、サム・ハンフリー、ポール・スパークス、ナターシャ・リュー・ボルディッゾ


 19世紀半ばに実在したアメリカの興行師P・T・バーナムの半生を描いたミュージカル作品。貧しい境遇で育ったバーナムが、幼馴染みの裕福な家庭の娘チャリティと駆け落ち同然に結婚し、愛する妻と娘のため、ショービジネスの世界で紆余曲折を経て成り上がって行く物語です。


 「ラ・ラ・ランド」でアカデミー賞作曲賞、歌曲賞を受賞した音楽チームが集結という触れ込みです。その期待を裏切らない、歌とダンスの豪華なショーの数々に引き込まれました。

 社会的弱者を利用して金儲けに走る主人公にはなかなか共感できなかったが、ヒュー・ジャックマンの歌、ダンス、演技は文句なく素晴らしかった。流石です。

 大女優の貫禄を感じさせるミシェル・ウィリアムズが主人公の妻を好演。彼女は「キャバレー」など舞台でも活躍しているようなので、もう少し歌と踊りを観たかった気もします。

 ビジネスパートナーとなるフィリップを演じたザック・エフロンがとても良かった。フィリップは誠実な好青年で、中盤から主役かと思う活躍ぶり。恋に落ちた空中ブランコ娘(ゼンデイヤが魅力的。)とのダンスシーンはロマンティックで素敵でした。

 スウェーデン人の歌姫を演じたレベッカ・ファーガソンの美しい容姿と歌声も印象に残ります。「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」で女スパイを演じた女優だと後で知りました。


 主題歌This Is Meは平昌オリンピックのフィギュアスケートのエキシビションでも使われていましたが、今年のアカデミー賞の歌曲賞にノミネートされています。この曲に合わせて個性的なメンバーが集まり一斉に歌い踊るパフォーマンスは圧巻でした。

 人間ドラマの描写がやや雑なのは仕方ないとして、ミュージカルの舞台を観ている感覚でワクワクしながら心底楽しめる、元気になれる映画でした。

☆☆☆☆



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「キングスマン:ゴールデン・サークル」 [映画(新作)]

kingsman.jpg
KINGSMAN: THE GOLDEN CIRCLE
2017イギリス

監督:マシュー・ヴォーン
原作:マーク・ミラー、デイヴ・ギボンズ
出演: コリン・ファース 、ジュリアン・ムーア 、タロン・エガートン 、マーク・ストロング 、ハル・ベリー、 ジェフ・ブリッジス 、ペドロ・パスカル 、エドワード・ホルクロフト 、ソフィー・クックソン 、エルトン・ジョン 、チャニング・テイタム 、ハンナ・アルストロム、 ポッピー・デルヴィーニュ、 ブルース・グリーンウッド、 エミリー・ワトソン、 マイケル・ガンボン、 ビヨーン・グラナート、 キース・アレン


 オープニングの迫力あるカーチェイスから興奮しました。

 麻薬組織“ゴールデン・サークル”による攻撃で“キングスマン”の組織が壊滅。残った二人のメンバー、エグジーとマーリンは、アメリカに渡り同盟組織“ステイツマン”と合流し、ゴールデン・サークルの陰謀に立ち向かう。


 ユーモアを含んだスタイリッシュなアクション、『え、この人も出てるの!?』という豪華な俳優陣。悪ノリし過ぎ?なシーンもありますが、総じてカッコ良く面白く、140分があっという間の痛快な映画でした。楽しい小ネタの数々に思わず笑いがこみ上げます。

 前作で死んだと思ったハリー(コリン・ファース )が復活。颯爽としたスーツ姿での華麗なアクションは、やはりキングスマンにはこの人がいなくては、と思わせられます。彼はキャラクターの中で一番カッコ良かった。

 ステイツマンのエージェント、ウィスキーの投げ縄を使ってのカウボーイアクション(ペドロ・パスカルがとてもいい味を出しています。)、雪山のケーブルカーを利用したアクションも楽しいし、工夫を凝らしたスパイガジェットにワクワクしっぱなしでした。改造車、ハイテクロボットと、よくこれだけ盛り込んだなぁという忙しさ。ノリのいい音楽もテンションが上がります。

 悪役ポピーを不気味に演じるジュリアン・ムーア、意外な活躍を見せる本人役エルトン・ジョン。これまたスーツ姿が決まっていて、カントリー・ロードの歌まで披露するマーリン役のマーク・ストロングとか、見所満載です。もちろん頼もしく成長したエグジー(タロン・エガートン)の活躍も。

 いかにもアメリカンなテキーラ役のチャニング・テイタムの活躍は少なかったですが、これは次回のお楽しみということでしょうか・・・。


 ずっと観たいと思っていたのですが、やっぱり劇場で観て良かったです。

☆☆☆☆

nice!(8)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -