So-net無料ブログ作成

「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」 [映画(新作)]

monroi.jpg
MON ROI
MY KING
2015フランス

監督:マイウェン
出演:ヴァンサン・カッセル、エマニュエル・ベルコ、ルイ・ガレル、イジルド・ル・ベスコ、クリステル・サン・ルイ・オギュスタン、、

 「ミス・ブルターニュの恋」「太陽のめざめ」など監督としても高い評価を受けるエマニュエル・ベルコが主演を務め、カンヌ国際映画祭で女優賞に輝いた愛憎ドラマ。情熱的なヒロインと魅力的だけど女とお金にだらしないダメ男が繰り広げる10年間の愛憎の軌跡を赤裸々に描き出す。(allcinema解説より)



 スキー事故で膝を負傷しリハビリセンターに入った主人公トニーが、リハビリ生活を送りながら元夫ジョルジオとの10年間の愛憎を振り返るというストーリー。過去と現在が交錯しながら進行します。

 男らしく見えて実は情けないジョルジオを演じるヴァンサン・カッセルが素敵。いかにも陰で何かしてそうな雰囲気だけど、そこも含めてとても魅力的です。

 大恋愛して妊娠、そして結婚と理想的なカップルなのに気持ちがすれ違い、次第に綻びが広がって行く様がリアルです。“私達お互いの事を何も知らない”というトニーの言葉が怖かった。

 愛故に相手を傷つけたり傷ついたり。トニーとジョルジオの感情の起伏が激し過ぎて引いてしまう表現もありますが、程度の差こそあれ人間ってこんなものかなとも思います。

 生々しい会話も多いが、美化せず等身大の男女の関係を描いていて説得力ありました。

 自身を見つめ直すことで、またリハビリ仲間との交流を通じて、トニーは成長します。そしてジョルジオも。希望を感じるラストシーンがとても良いです。

 エマニュエル・ベルコは正統派の美人ではないですが、10年前の愛に満たされ輝くトニーの心身が次第に疲弊して行く様を渾身で演じていて圧倒されました。

☆☆☆☆


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 4

コメント 2

coco030705

こんばんは。
観ました!すごく激しい恋愛ですね~‼やっぱりヨーロッパの恋愛は日本人のと違うと思います。恋愛至上主義とでも言いたいような感じ。フランスの大統領でも隠し子がいても堂々としてましたものね。英国の皇室も、色々スキャンダルが……。でもあれって、もうお約束みたいな感じでしょう?面白いですよね。
by coco030705 (2017-04-04 21:33) 

Naka

cocoさん
nice!&コメントありがとうございます。
こんな恋愛はしたくないですね(^^;
見ているだけで疲れました。
でも、傷つけたり傷つけられたり、そういう経験を
することで人間は成長する部分もあるのかもと思いました。
きっと子供の存在も大きいですね。
意味深なラスト、大人になった二人の姿に
私はほっとしました。

by Naka (2017-04-05 12:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。