So-net無料ブログ作成
検索選択

「ムーンライト」 [映画(新作)]

moonlight.jpg
MOONLIGHT
2016アメリカ

監督・脚本:バリー・ジェンキンズ
出演:トレヴァンテ・ローズ、アシュトン・サンダーズ、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、ジャハール・ジェローム


 貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青年期、成人期の3パートに分け、革新的な映像美とともに描き出したヒューマン・ドラマ。第89回アカデミー賞ではみごと作品賞を含む3冠に輝いた。監督は長編2作目の新鋭バリー・ジェンキンズ。(allcinema解説より)


 オスカーの発表ミス、本邦公開前倒しなど、いろんな意味で注目を集める作品です。

 シャロンという一人の黒人少年が、薬物中毒の母親の育児放棄、家庭の貧困、いじめ、自らのセクシャリティの問題、と様々な困難に直面し苦悶しながら成長する様を、3時代に分けて3人の俳優が演じています。

 自分は何者なのか、という普遍的なテーマを扱った作品で、スクリーン全体からひしひしと伝わる少年の深い孤独感に胸を締め付けられる。それでいて優しく情感溢れる映像はどこか心地の好いものでした。音楽も美しい。

 シャロンと唯一の友人ケヴィンとの描写は詩的でこの上なく切なかった。人と人の純粋な繋がりには何の障壁もなく、尊いものであることを感じさせてくれるシーンが沢山ありました。

 シャロンを演じた3人の俳優(トレヴァンテ・ローズ、アシュトン・サンダーズ、アレックス・ヒバート)は一見して似ていないが、演技を観ているうちに違和感がなくなってくる。仕草や表情のひとつひとつ、特に目の演技が素晴らしかった。

 助演でオスカーを獲ったマハーシャラ・アリ、同ノミニーのナオミ・ハリスの演技も印象に残る。

 高く評価されている映像美については後からなるほどと思いました。初めて体験するような映画という感覚はその為だったのかと・・・。

 地味ながら、後からじわじわと心に響く映画。”珠玉”という語が頭に浮かびました。

☆☆☆☆



nice!(6)  コメント(4) 

nice! 6

コメント 4

coco030705

こんばんは。
Nakaさんのレビューを読んで、ぜひ観に行かなくてはと思いました。観たらレビューをアップしますね。

by coco030705 (2017-04-05 23:46) 

のらん

人間は、自分たちがどんどん文明を進化させているおかげで、
なんだか複雑で哀しい生き方を課されているのですね〜
珠玉の映画・・・ 観に行かなきゃね(^.^)

by のらん (2017-04-08 12:36) 

Naka

cocoさん
こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
とても素敵な映画でした。
cocoさんのご感想も楽しみにしています☆

by Naka (2017-04-10 00:38) 

Naka

のらんさん
こんばんは。
nice!&コメントありがとうございます。
現代の社会で”自分らしく生きる”って本当に難しいですね。
主人公の生き様は見ていて辛いけれど、
一筋の希望を感じさせてくれる作品でした(^^
by Naka (2017-04-10 00:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。