So-net無料ブログ作成
検索選択

「T2 トレインスポッティング」 [映画(新作)]

trainsp2.jpg

T2 TRAINSPOTTING
2017イギリス

監督:ダニー・ボイル
原作:アーヴィン・ウェルシュ
出演:ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド、シャーリー・ヘンダーソン、ジェームズ・コスモ、アンジェラ・ネディヤルコーヴァ、アーヴィン・ウェルシュ、アイリーン・ニコラス、ポーリーン・リンチ


 スコットランド、エディンバラ。仲間を裏切り、大金を持ち逃げしたマーク・レントンは、オランダから20年ぶりに帰郷した。母は既に亡くなっており、実家には年老いた父が一人で暮らしていた。一方、ジャンキーのスパッドは妻子に愛想を尽かされ、孤独に押しつぶされようとしていた。シック・ボーイことサイモンは、パブを経営する裏で、売春やゆすりに手を染めていた。そして、もっとも血の気の多い男ベグビーは殺人を犯して服役中。20年経っても大人になりきれず、相変わらずな人生を歩んでいた4人だったが…。(allcinema解説より)


 20年ぶりに再会した4人の相変わらずのダメっぷりが描かれています。

 前作「トレインスポッティング」の映像が随所で挿入され、あぁそうだったと懐かしく思い出しました。スタイリッシュな映像と音楽は、ダニー・ボイルならでは。格好良くて引き込まれます。


 人間は簡単には変わらないぞというところが痛々しい。少しはまともな人間になっていて欲しかった。

 とは言え、主人公レントンを演じるユアン・マクレガーは格好良いし、キレっ放しのロバート・カーライル、気弱そうなユエン・ブレムナー、男前のジョニー・リー・ミラー(アンジェリーナ・ジョリーの夫だった時もありましたね)とそれぞれ魅力的です。この4人が揃って観られるのは感慨深いものがありました。

 ケリー・マクドナルド、シャーリー・ヘンダーソンも前作に続き出演しています。ケリー・マクドナルド演じるダイアンとレントンとの再会はほろ苦かった。


 本作の後に気になって一作目をまた見直しました。過激かつ挑戦的な表現で映し出された、彼らのどうしようもないクズっぷりは何度観ても衝撃的です。ドラッグは本当に怖い。同時に、行き場のない青年たちの刹那主義的な生き様は悲しくもありました。何故か心を掴まれる作品です。若いユアン・マクレガーの美しさのせいもあるかも知れません。

 同じ愚行を繰り返しているように見えますが、とにかく本作で彼らの20年後を見届けられて良かったと改めて思いました。

☆☆☆☆



nice!(3)  コメント(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。