So-net無料ブログ作成

「セザンヌと過ごした時間」 [映画(新作)]

cezanne.jpg
CEZANNE ET MOI
2016フランス

監督・脚本:ダニエル・トンプソン
出演:ギヨーム・カネ、ギヨーム・ガリエンヌ、アリス・ポル、デボラ・フランソワ、サビーヌ・アゼマ、ジェラール・メラン、イザベル・カンドリエ、フレイア・メイヴァー


 長らく更新をサボっていましたが、その間何本か映画を観ました。こちらは一月ほど前に観た作品です。


 近代絵画の父と呼ばれるポール・セザンヌ。彼の没後110年を記念して作られた映画だそうてす。監督は「モンテーニュ通りのカフェ」などのダニエル・トンプソン。

 セザンヌの制作活動と、小説家エミール・ゾラとの交流の様子が淡々と描かれていました。これといった事件もなく平坦なストーリーですが、引き込まれます。セザンヌとゾラを演じたギヨーム・ガリエンヌと、ギヨーム・カネの重厚な演技は見応えありました。


 小説家として成功したゾラに対して、アカデミーに認められず孤立していくセザンヌ。二人の友情が崩れる様が悲しい。

 親からの仕送りと借金で疲弊しながらも、セザンヌは生涯、画家として自分のスタイルを貫き通します。その頑固さが時に周囲を傷つけ自らを孤独に追い込むのですが、作品が評価されず何度失望しても描き続ける彼の姿には胸を打たれずにいられませんでした。


 叙情的な音楽を背景に、キャンバスの向こうに堂々と鎮座するプロヴァンスの山々の風景が美しい。

 晩年に認められ始めたものの、天才画家としての地位を得たのは亡くなってからのこと。不遇の画家の人生がとても切ない。エンドクレジットでセザンヌの作品が次々と映し出されると、なんとも言えない寂寥感に胸が締め付けられました。

 セザンヌの作品を改めてじっくりと観たくなります。映像と音楽がとても美しくて、強く心に響く映画でした。

☆☆☆☆



nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 2

coco030705

こんばんは、お久しぶりです。
私もよさそうな映画だなと思っていました。芸術家の信念はすごいですね。間に合えば見たいと思います。
by coco030705 (2017-11-15 21:32) 

Naka

cocoさん
nice!&コメントありがとうございます。
ちょっと地味めですが、
情緒豊かでとても良い映画だと思いました。
芸術家の生涯って興味深いですね。
セザンヌの作品を鑑賞する時の印象も
また変わると思います(^^


middrinnさん
ご訪問&nice!をありがとうございました。

by Naka (2017-11-17 01:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。