So-net無料ブログ作成

「ピウス13世 美しき異端児」 [TVドラマ]

youngpope.jpg
THE YOUNG POPE

TVドラマ
2016イタリア/フランス/スペイン/イギリス/アメリカ

企画・演出:パオロ・ソレンティーノ
出演:ジュード・ロウ、ダイアン・キートン、シルヴィオ・オルランド、ハビエル・カマラ、スコット・シェパード、セシル・ドゥ・フランス、リュディヴィーヌ・サニエ、トニ・ベルトレッリ、ジェームズ・クロムウェル


 WOWOWで先月に放送されたのを観ました。アメリカ人として史上初めて教皇に選ばれたとする架空の人物ピウス13世をジュード・ロウが演じています。


 自らの信仰への揺らぎ、教皇としての信念と周囲の反発、様々な葛藤を抱える若い教皇の孤独と苦悩が丁寧に描かれていました。ピウス13世のミステリアスな魅力と、教会内の屈折した人間関係の面白さにどんどんはまって行きます。


 ジュード・ロウは、祭服姿が似合っていて本当に素敵。“私は自分がハンサムだと知っている。”とは彼だからこそ成立する台詞ですね。その外見の美しさはもちろん、繊細で深みのある演技に魅了されます。

 独裁的で冷淡、何を考えているかわからない教皇ですが、その中でも少しずつ変化し、カリスマ性を発揮して行く過程がとても興味深い。

 スピーチ、信者や聖職者との会話、祈り・・・。教皇の発する言葉のひとつひとつには重みがあって、キリスト教に馴染みのない私でも強く胸を打たれました。教皇が過去に書いたというラブレターの文章も切なく美しく、感動的でした。


 1話1時間、全10話。面白くて一気に鑑賞しました。荘厳なヴァチカンの風景や建物の装飾、美しい壁画や美術品の数々は見応えあり。それら神秘的な背景に現代的な音楽と演出が調和していて、素晴らしい作品でした。教皇の生活や職務、ローマ教会の組織の構造なども(実際はどうかわかりませんが。)興味深かった。

 ダイアン・キートン、セシル・ドゥ・フランス、リュディヴィーヌ・サニエ、ジェームズ・クロムウェルなど実力派俳優が多数出演しています。放送は吹替えだったので、いつか俳優本人の声で(字幕付きで)観たいと思いました。


nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感