So-net無料ブログ作成

「LION/ライオン~25年目のただいま~」 [映画(新作)]

lion.jpg
LION
2016オーストラリア
監督:ガース・デイヴィス
原作:サルー・ブライアリー

出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、アビシェーク・バラト、ディヴィアン・ラドワ、プリヤンカ・ボース、ディープティ・ナヴァル


 5歳の時に迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、大人となりGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を果たした奇跡の実話を「スラムドッグ$ミリオネア」「奇蹟がくれた数式」のデヴ・パテル主演で映画化した感動ドラマ。(allcinema解説より)


 5才のサルーが兄とはぐれ迷子になってから施設に保護されるまでの前半は観るのが本当に辛かった。言葉も通じない見知らぬ街に一人ぼっちでどれ程怖くて悲しかっただろうと思うと胸が痛みました。

 この前半が丁寧にじっくりと描かれているので引き込まれました。5才のサルーを演じる男の子が可愛くて泣けてきます。

 後半では、オーストラリアで成長したサルーが自身の存在や故郷への想いに悩み、実母探しを決意、生家を探し当てるまでの長くて険しい旅が描かれています。

 少し前にTVでこの実話の詳しい経緯と顛末が取り上げられていたのを観たのですが、僅かな情報を元に特定の場所を探す事が、Google Earthをもってしても、どれだけ困難で忍耐力の要る作業かということが良く解りました。その辺りはTVの方が探し方に具体性があって興味深かったと思います。


 サルーの養父母の勇気、息子の生存を信じて待ち続けた実母の強さ、それぞれの親の深い愛は想像を遥かに超えます。ただただ凄いと思いました。

 救いもありますが、貧困、児童労働、ストリートチルドレン、人身売買・・・と様々な問題が心に重く残る映画でした。

☆☆☆


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感