So-net無料ブログ作成
検索選択

「スプリット」 [映画(新作)]

split1.jpg
SPLIT
2017アメリカ
監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソン

 全米で興行収入3週連続1位の大ヒットとのこと。「シックスセンス」のシャマラン監督の新作です。

 ネットを見ると賛否両論あるようですが、私は好きなタイプの作品でした。


 ある日3人の女子高生が誘拐監禁される。犯人は23人の人格を持つ多重人格の男ケビンだった。潔癖症の青年、9歳の無邪気な少年、エレガントな女性と、次々と入れ替わるケビンの人格に恐怖を募らせる少女たち。そして、脱出の機会を窺う彼女たちの前に、最も狂暴な24番目の人格“ビースト”が出現しようとしていた。


 多重人格のケビンを演じるのはジェームズ・マカヴォイ。その変幻自在、迫真の演技に引き込まれます。それでいて誇張し過ぎることなく、次々と人格が入れ替わる様は本当にリアルでした。

 女子高生の一人、ケイシーを演じたアニヤ・テイラー=ジョイも良かった。不思議な魅力を持った気になる女優です。彼女の大きな眼から溢れる恐怖と絶望の涙に戦慄しました。

split2.jpg
アニヤ・テイラー=ジョイ


 精神科医の老女とケビンの会話や台詞から、解離性同一性障害がどういうものかが徐々に解って来ると、ストーリーが俄然面白くなります。また、随所で挿入されるケイシーの過去のシーンは、結末に向けて大きな意味を持って来ます。

 犯人の目的は何なのかという謎解きの面白さもあるし、恐怖が増殖していくホラーとしても良く出来ていると思いました。人物の表情のアップが効果的に多用されるなど、緊張感を持続する演出がとにかく上手いです。

 そして、本作の一番の魅力は、恐怖を煽るだけでなく、登場人物の心の闇も描き出しているところ。想像力を掻き立てられ、全編に漂う深い悲しみに胸が締め付けられました。

 とても見応えある人間ドラマになっていますが、そこはやはりマカヴォイの名演(怪演?)による所が大きい作品だと思いました。

 ケイシーのラストの表情も何とも言えない余韻を残します。


 同監督の映画「アンブレイカブル」と本作を合わせた作品「GLASS」の制作が決まっている模様。とても気になります。

☆☆☆☆


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感