So-net無料ブログ作成

「ダウントン・アビー」 [TVドラマ]

ダウントン・アビー シーズン1 バリューパック [DVD]
DOWNTON ABBEY
TVドラマ
2010~イギリス

脚本:ジュリアン・フェロウズ他
出演:ヒュー・ボネヴィル、エリザベス・マクガヴァン、マギー・スミス、ミシェル・ドッカリー、ローラ・カーマイケル、ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ、ジム・カーター、ブレンダン・コイル、フィリス・ローガン、ジョアン・フロガット、ロブ・ジェームズ=コリアー、レズリー・ニコル、ダン・スティーヴンス、トーマス・ハウズ、ソフィー・マクシェラ、ペネロープ・ウィルトン、リリー・ジェームズ、ケヴィン・ドイル、他


 イングランド郊外の大邸宅“ダウントン・アビー”で暮らす貴族グランサム伯爵一家の物語。シーズン1から観てきましたが、今年NHKで放送されたシーズン6でとうとう完結しました。


 伯爵夫妻の3人の娘の内、長女がタイタニック号の沈没で婚約者を亡くした所から物語は始まります。当時は女性に相続権がないため、長女の結婚相手を巡って様々な思惑が飛び交います。

 伯爵夫妻の夫婦愛、三姉妹それぞれの恋愛模様と確執、使用人同士の対立や友情、恋と、様々なエピソードが盛り込まれ、伯爵家を中心とする貴族や使用人たちの人間模様がとても興味深く、オースティンの小説や、映画「ゴスフォード・パーク」のような面白さで引き込まれました。不倫、同性愛、犯罪、死なども扱われ、その人物設定や題材の多様さに途中でついて行けなくなりそうでしたが・・・。


 第一次世界大戦、アイルランド独立戦争、初の労働党政権の発足へと移り行く時代の中で、やがては労働者階級の台頭によって貴族が衰退して行き、人員削減によって使用人たちの人生も変化する。

 人生の紆余曲折を経て逞しく生きる人々の姿、社会的階級を超えての絆に共感しました。

 登場人物が魅力的で、演じる俳優も皆上手い。それぞれ美点と欠点があり、上流階級も労働者階級も同じ人間。その人間臭い描写に唸らせられます。登場人物それぞれが人生の大きな転機を迎える最終章は特に面白かった。


 意地悪で狡猾なトーマス(ロブ・ジェームズ=コリアー)と、機転のきいた言動が格好良いバイオレット(マギー・スミスの演技が素晴らしかった。)が好きでした。中盤でシャーリー・マクレーンが登場したのにも感動しました。

 実在の古城や、豪華な衣装に装飾品など、美しく重厚な映像も素晴らしくて、とても魅力的なドラマでした。心の晴れるいい終わり方でしたが、もう続きが観られないと思うとちょっぴり寂しい気がします。

downton.jpg


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「夜明けの祈り」 [映画(新作)]

yoakeno.jpg
LES INNOCENTES
THE INNOCENTS
2016フランス/ポーランド

監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:ルー・ドゥ・ラージュ、アガタ・ブゼク、アガタ・クレシャ、ヴァンサン・マケーニュ、ヨアンナ・クーリグ、エリーザ・リチェムブル、アンナ・プロフニアク、カタジナ・ダンブロフスカ、トーマ・クマン


 第二次世界大戦直後のポーランド。赤十字の医療施設で働くフランス人女医マチルドの元を一人のシスターが助けを求めて訪れる。シスターがマチルドを案内した修道院では少女が陣痛で苦しんでいた。帝王切開で母子を救ったマチルドは、その修道院で、ソ連兵によって暴行を受け妊娠した多くの修道女たちを目の当たりにして愕然とする。

 誰に訴える事もせず、ただ神に赦しを請うため祈りを捧げる彼女たちを救うため、マチルドは修道院に通いつめる。


 犠牲者であっても、本人に非がなくても、性的に堕落したとして女性だけが責められるカトリックの理不尽な教義は、映画「マグダレンの祈り」や「あなたを抱きしめる日まで」を思い出します。宗教については良く解りませんが、信仰によって人間の魂が救われる一方で、本作のように現実的に女性たちが追い詰められて行くところが切ない。本作の修道院長が象徴する信仰の暴走は本当に怖いと思いました。

 衝撃的な帝王切開のシーン、凄惨な暴行現場(直接的な映像はありませんがマチルドが兵士に襲われるシーンで想像させられます。)、苦境に立たされる女性たちの心情を想像して、気分が悪くなってしまいました。

 しかし、やりきれない話ではありますが、行き場もなく絶望の中にいる修道女たちの心に寄り添うマチルドの献身的な援助。それによって救われて行く女性たちの姿が希望を感じさせてくれます。

 マドレーヌ・ポーリアックというフランス人医師をモデルにした実話です。信念を貫くマチルドの勇気に感動し、命の尊さや人間の尊厳について深く考えさせられる作品でした。

 美しい映像と、寒々とした修道院に響く聖歌が、修道女たちとマチルドの崇高な魂そのものに思えて、強く胸を打たれました。

☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「スパイダーマン:ホームカミング」 [映画(新作)]

spider.jpg
SPIDER-MAN: HOMECOMING
2017アメリカ

監督:ジョン・ワッツ
出演:トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、ドナルド・グローヴァー、タイン・デイリー、ジェイコブ・バタロン、ローラ・ハリアー、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロー、クリス・エヴァンス、トニー・レヴォロリ


 ニューヨークに暮らす15歳の高校生、ピーター・パーカー。憧れのトニー・スターク=アイアンマンに見込まれ、彼が開発した特製スーツに身を包み、スパイダーマンとして街のパトロールに精を出しながら、早くアベンジャーズの一員になりたいと夢見ていた。そんな中、スタークに仕事を奪われ復讐に燃える男エイドリアン・トゥームス=バルチャーが、地球外の物質から強力な武器を作り出し、ニューヨークを危機に陥れようとしていた。アベンジャーズに任せろとのスタークの忠告にもかかわらず、一人前のヒーローとして認められたいと焦るピーターは、たった一人で敵に立ち向かおうとするのだったが…。(allcinema解説より)


 「シビル・ウォー」(2016)を観てから楽しみにしていました。

 新スパイダーマン=ピーターを演じたトム・ホランドがとても初々しくて良かった。時に空回りしながら、特殊能力を持つ者としての責任を果たそうと頑張る姿にぐっと来ます。

 迫力溢れるアクションシーンは見応えあり、全体のストーリーにも引き込まれました。コミカルで軽いタッチの演出もあり、恋愛や友情、将来の夢など、高校生らしい悩みに直面しながら成長する主人公の姿が微笑ましかった。

 予想以上にロバート・ダウニー・Jrの出演シーンが多く、トニー・スタークだけでなく“アイアンマン”の活躍が観られたのも嬉しかった。

 敵役のマイケル・キートン、メイおばさんを演じたマリサ・トメイ、トニー・スタークの部下ハッピーのジョン・ファヴローと、魅力的な俳優が揃っていました。

 時間の関係で吹替版を観たのですが、字幕版でもう一度観たいです。

☆☆☆☆

spider02.jpg
トム・ホランドが可愛い。
親友ネッドを演じたジェイコブ・バタロン(左)も印象的でした。




nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

わが家の猫P [その他]

p02.JPG

 2匹飼っている猫の若い方のP。9才の男の子です。

 今月天国に行きました。

 悪性リンパ腫と診断されてから3ヶ月。抗がん剤治療はしないと決め、ステロイド剤や点滴の治療を続けました。覚悟はしていたけれど、それでもこんなに早く逝ってしまうなんて・・・。

 最期は衰弱した姿を見るのが辛かったです。どれだけ苦しかったか、何をしてやるのがベストだったか、失ってからも色々考えてしまいます。

 息を引き取る瞬間まで側にいてやれたことがせめてもの慰めでした。

 やんちゃで甘えん坊。可愛いくて可愛くて、9年間家族に沢山の喜びをもたらしてくれました。

p03.JPG

nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「プロヴァンスの休日」 [旧作(DVD・TV)]

プロヴァンスの休日 [DVD]AVIS DE MISTRAL
MY SUMMER IN PROVENCE
2014フランス
監督・脚本:ローズ・ボッシュ
出演:ジャン・レノ、アンナ・ガリエナ、クロエ・ジュアネ、ユゴー・デシュー、オーレ・アッティカ、ユーゲ・オフレ、シャルロット・ドゥ・トゥルケイム


 パリから、プロヴァンスに暮らす堅物の祖父と優しい祖母の元に預けられることになったレア、アドリアン、テオの三人兄姉弟。初めて会う祖父との距離を縮める末っ子のテオをよそに、横暴な祖父に反発するレアとアドリアンだったが・・・。


 素朴な田舎町の日常と暖かな人情に触れるうち、絆を取り戻して行く家族の姿が温かく、時にユーモアを混じえて描かれています。

 祖父ポールを演じたジャン・レノが良い感じで老いていて、味わい深い演技に引き込まれます。

 アンナ・ガリエナ(『髪結いの亭主』の女優)も祖母イレーネを魅力的に演じている。聴覚障害を抱えるテオ(ルーカス・ペリシエ)の天使のような存在感に癒され、レア(クロエ・ジュアネ)、アドリアン(ユーゴ・デシウ)のそれぞれの成長にも和まされました。出演俳優の演技が皆上手いです。

 プロヴァンスののどかで美しい風景はそれだけでとても優しい気持ちになれるし、背景に流れる懐かしいポップスの数々も心地好い。老人と子どもの交流という題材の作品に外れは少ないと思うのですが、良い俳優が揃えば更に間違いないという見本のような作品。心温まる素敵な映画でした。

☆☆☆☆

provence.jpg
ジャン・レノが渋いです。


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

旧市街橋塔など [チェコ旅行]

3日目に旧市街橋塔に登りました。一人100コルナ(約500円)。

旧市街橋塔02.jpg 旧市街橋塔01.jpg
塔の側に立つのはカレル4世像。

旧市街橋塔05.jpg 旧市街橋塔03.jpg

旧市街橋塔04.jpg
塔の上からの360度の素晴らしい眺望は一生忘れないと思います。


その他のチェコの思い出・・・。

プラハ04.jpg
街の本屋さんでチェコの絵本を購入。日本のマンガもありました。

ポスターの店.jpg プラハ10.jpg
お洒落なポスター&はがきのお店とプラハの街並。

プラハ09.jpg スイーツ.jpg
市場で売られていたベリーの盛合せと、沢山の人が食べ歩いていた人気のスイーツ。

プラハ07.jpgプラハ05.jpgプラハ06.jpg


航空券とホテルの予約のみのフリープランだったのですが、空港~ホテル間の送迎だけは旅行会社の現地スタッフさんをお願いしました。実際に現地で生活している人の情報が聞けたのと(チップや交通手段のことなど)、ホテルのチェックイン、帰りの空港のチェックインは心強くて本当に助かりました。

チェコは居心地が良くて本当に素敵な国でした。行けなかった所、やり残した事は少なからずありますが、それ以上に楽しい思い出が一杯できてとても充実した旅でした。

プラハ08.jpg

羽田からパリまで12時間。パリからは2時間弱。乗り継ぎ時間も合わせて17時間かけてはるばる行った甲斐がありました。ずっと憧れていたこの景色が見られた。それだけでも行って良かったと思います。

(チェコ旅行について思い出した事やチェコ共和国について何かあれば、また記録したいと思います。ありがとうございました。)


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「東京喰種 トーキョーグール」 [映画(新作)]

ghoul.jpg
2017日本

監督:萩原健太郎
原作:石田スイ

出演:窪田正孝、清水富美加、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、村井國夫、小笠原海、白石隼也、相田翔子、柳俊太郎、坂東巳之助、佐々木希、浜野謙太、古畑星夏、前野朋哉、ダンカン、岩松了


 アニメ化もされた石田スイの人気コミックスを窪田正孝主演で実写映画化したアクション・ホラー。人間を喰らう喰種(グール)が潜む東京を舞台に、ひょんなことから半喰種になってしまった主人公の苦悩と、喰種一掃を目指す人間との熾烈な攻防の行方を描く。共演に清水富美加、鈴木伸之、蒼井優、大泉洋。監督は本作が長編デビューの萩原健太郎。(allcinema解説より)


 初日舞台挨拶付きの上映に行って来ました。実は密かに窪田正孝くんを応援しています(^^;。

 半グールになってしまった青年の苦悩と壮絶な闘いが描かれていて、見応えありました。アクションシーンも迫力あります。グロいシーンも多いですが、それによってグールとは何かが解って来るし、主人公の痛み悲しみが心に響いて来ます。

 原作は読んでいないのですが、作品の世界観は何となく伝わりました。彼らが今後どうなるのか気になります。

 窪田正孝の渾身の演技には終始引き込まれました。清水富美加も良かった。いい女優になれたのにと思うと複雑・・・。最も強く印象に残ったのが蒼井優。さすがの存在感。凄いです。

 上映後に舞台挨拶。窪田くんは遠くから見られただけでしたが、とにかく顔が小さいし格好いい。彼は今TVドラマ「僕たちがやりました」でもいい演技をしていると思います。

☆☆☆


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感