So-net無料ブログ作成
検索選択

「ワンダーウーマン」 [映画(新作)]

wonder.jpg
WONDER WOMAN
2017アメリカ

監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デヴィッド・シューリス、コニー・ニールセン、エレナ・アナヤ、ユエン・ブレムナー、サイード・タグマウイ


 DCコミックスが誇る女性スーパーヒーロー、ワンダーウーマンの実写映画としては初の単独主演作で、世界中で空前の大ヒットを記録した痛快アクション・アドベンチャー大作。第一次世界大戦下を舞台に、世界から隔絶した女性だけの島に生まれ育ったワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナが、ある事件をきっかけに島を飛び出し、世界を救うために獅子奮迅の活躍をするさまを、初めて接する男社会での摩擦が生み出すユーモアを織り交ぜつつ、美しく凛々しい華麗なアクションとともに描き出す。(allcinema解説より)


 女性だけの島で戦士として育てられた神の子ダイアナが、イギリス軍のスパイ、スティーブと出会ったことで人間の世界に触れ、自らの使命に目覚める。という、ワンダーウーマン誕生の物語としてはなかなか面白かったです。

 ただ、第一次世界大戦という史実を扱うなら慎重さに欠ける気がしました。特に、悪=ドイツ=毒ガス、という一方的な描き方に違和感がありました。

 しかしそこはエンターテインメント作品なので目を瞑るとして、十分楽しめるストーリーになっていました。

 何と言っても、ガル・ガドットのダイアナ=ワンダーウーマンがハマり役で格好良かったです。彼女の美しい顔と身体、堂々たるアクションはずっと見ていたいほど魅力的でした。ダイアナの純粋で真っ直ぐな性格も素敵だと思いました。

 前半、女性だけの島で戦闘の訓練に励む女戦士たちのシーンも迫力があって格好良かった。ショーン・ペンの元妻ロビン・ライトは50歳位だと思うのですが、綺麗なスタイルと力強いアクションに驚かされました。

 スティーブ役のクリス・パイン、悪役を演じるデヴィド・シューリスも良かったと思います。

☆☆☆


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感