So-net無料ブログ作成
映画(新作) ブログトップ
前の10件 | -

「エンドレス・ポエトリー」 [映画(新作)]

endless.jpg
POESIA SIN FIN
ENDLESS POETRY
2016フランス/チリ/日本

監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演: アダン・ホドロフスキー、パメラ・フローレス、ブロンティス・ホドロフスキー、レアンドロ・タウブ、アレハンドロ・ホドロフスキー、イェレミアス・ハースコヴィッツ


 今年の劇場観賞1作めの映画です。

 アレハンドロ・ホドロフスキー監督の作品はかつて「エル・トポ」「ホーリーマウンテン」と観て、映像の圧倒的パワーと映画の無限の可能性に衝撃を受けました。理解出来ない表現も多々ありましたが・・・。

 3年前に観た「リアリティのダンス」は相変わらず毒のある手法ながら、心に響く美しい作品でした。本作はそれに続く、アレハンドロ監督の若かりし日々を描いた自伝となっています。人間賛歌のエンターテイメントとして素晴らしいし、芸術としての映画に徹した作品でもありました。


 撮影はクリストファー・ドイル、衣装はホドロフスキー夫人が担当。また、息子アダンとブロンティスが若きアレハンドロとその父親を演じていて、アダンは音楽も担当しています。監督自身も(未来の)老いたアレハンドロ本人として出演しています。

 抑圧的な父親に反発し、さまざまな出逢いを経験しながら、詩人として生きる覚悟を固めるまでの青年アレハンドロの葛藤が描かれていました。実際に当時暮らしていたチリの街で撮影が行われたとのこと。


 彼は自らに問いかけます。人は死に向かって全てが無になるのに、生きる意味はあるのか・・・と。老いたアレハンドロは、ただ生きることが答えだと説きます。苦悩する過去の自分に、現在のアレハンドロが語りかける言葉には説得力がありました。

 超個性的な登場人物たち。艶やかな色彩と生々しい描写の連続。本作でもホドロフスキー監督は攻めまくっています。88才とは思えない瑞々しさで、頭に浮かんだイメージをそのまま映像にしてしまう自由さ。好き嫌いを超越して、シーンのひとつひとつが驚きでした。眠っている感覚を呼び覚まされるような不思議な世界に引き込まれます。家族を動員しての自伝という形をとりながらも、普遍的なテーマと芸術的な表現で、とても興味深い映画となっていました。


 クラウドファンディングで1万人以上から資金を集めて制作されたという。出資者がクレジットされたエンドロールはホドロフスキー監督のカリスマ性を物語っていて壮観でした。

☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「オレの獲物はビンラディン」 [映画(新作)]

armyofone.jpg
ARMY OF ONE
2016アメリカ

監督:ラリー・チャールズ
原作:クリス・ヒース
出演:ニコラス・ケイジ、ウェンディ・マクレンドン=コーヴィ、ラッセル・ブランド、アドリアン・マルティネス、マシュー・モディーン、デニス・オヘア

 12月に観た映画です。

 オサマ・ビンラディンの行方を追ってたった一人でパキスタンに乗り込んだ実在のアメリカ人、ゲイリー・フォークナーの冒険譚。コメディーです。

 ニコラス・ケイジがテンションMAXでゲイリーを演じています。その怪演ぶりに、驚きと好奇と恥ずかしさの入り雑じった思いで釘付けでした。・・・が、この弾けっぷりはニコラスでなければ演じられなかったと、彼の演技力とプロ精神に改めて感服しました。


 ゲイリーの破天荒な人生とその強烈な個性には驚かされましたが、勇んでパキスタンに乗り込んだ割には、だらだらと観光して現地の人と仲良くなったりと、自由すぎて呆れます(苦笑)。

 ”ビンラディンを捕まえよ”と神の啓示を受けた(と信じる?)ゲイリーと、正に神出鬼没の神とのやり取りが可笑しい。神を演じた俳優ラッセル・ブランドも良い味が出ていて上手かった。


 機関銃のように脈絡なく喋りまくるゲイリーですが、恋人と心を通わせるシーンは唯一ほっと安まる瞬間でした。このあたりは映画向けの脚色だと思います。私見ですが本物のゲイリーは映画の何倍も変人のはず、絶対そばにいて欲しくないタイプの人なので。


 「バーディー」でニコラスと共演したマシュー・モディーンが出演していたのは感慨深かった。

 笑いの種類としては結構好きです。決しておすすめは出来ませんがなかなかの力作。面白い映画でした。

 ☆☆☆



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「ゴッホ 最期の手紙」 [映画(新作)]

vangogh1.jpg
LOVING VINCENT
2017イギリス/ポーランド(Anime)

監督:ドロタ・コビエラ、ヒュー・ウェルチマン
出演:ダグラス・ブース、ジェローム・フリン、ロベルト・グラチーク、ヘレン・マックロリー、クリス・オダウド、シアーシャ・ローナン、ピョートル・パムワ、ジョン・セッションズ、エレノア・トムリンソン、エイダン・ターナー


 オランダ人の天才画家ゴッホが弟テオに宛てた最期の手紙を郵便配達人の父から託された息子アルマンが、手紙の届け先を探しながら、ゴッホの死の真相に迫って行く物語。

 ゴッホが生前関わった人々の証言から、最期のゴッホの様子が徐々に明らかになっていきます。彼は何故死んだのか、自殺か他殺なのか、なかなか興味深いミステリーになっていました。


 アニメ作品ですが、ゴッホの作風に似せた油絵を動かすという革新的な映像です。総勢125人の画家たちが6万枚以上もの油絵を描いてアニメーション化したという。以前TVか何かで制作風景を見た気がします。気の遠くなる作業に驚きましたが、本当に完成していたなんて凄い。

 新感覚の映画でしたが、あの色彩とタッチの油絵がどろどろと動く映像を観ていると、慣れるまでは酔いそうでした。過去の出来事を語る時のモノクロのシーンになる度にほっとしましたが、それがなかったら辛かったと思います。

 俳優が実際に演じて、それを絵画調に加工しているシーンもあり、どこまでが油絵のアニメなのか、どこからが絵となった俳優の演技なのか、不思議な世界に誘われます。


 ストーリーも、様々な人物が登場してとても興味深かった。アルマンのゴッホに対するイメージが変化するように、私も改めてゴッホの人物像を捉えることができた気がします。

 10年というあまりに短い画家人生。絵が売れず、キャンバスが買えないほど困窮するなかで、ゴッホは何を思っていただろう。数々の挫折、援助してくれる弟テオへの負い目、精神の病、どれだけ孤独で生きづらかっただろうと思うと胸が締め付けられました。

 短い生涯で油彩画だけで800以上もの作品を残したゴッホ。日本の浮世絵を研究したりしながら、独自のスタイルを確立していった情熱は、正に天才と呼ばれる所以だと思います。

 早く絵が売れていたら、画家の人生も大きく変わっていたかも知れない。何とも悲劇的な運命ですが、それも含めてゴッホの絵画に惹き付けられるのだと思いました。
☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」 [映画(新作)]

interlude.jpg
INTERLUDE IN PRAGUE
2017イギリス/チェコ

監督:ジョン・スティーヴンソン
出演:アナイリン・バーナード、ジェームズ・ピュアフォイ、サマンサ・バークス、モーフィッド・クラーク、デヴラ・カーワン、エイドリアン・エドモンドソン、アンナ・ラスト、ルビー・ベントール


 1787年、「フィガロの結婚」の大ヒットによりプラハに招かれたモーツァルトが、滞在中に「ドン・ジョヴァンニ」を書き上げたという実話をベースにしたドラマ。可憐なオペラ歌手スザンナとモーツァルトの恋、彼女を狙うサロカ男爵の悪行を「ドン・ジョヴァンニ」のストーリーに重ねて描いています。序曲を初演開始ぎりぎりに仕上げたという興味深いエピソードも入っていました。


 モーツァルトを演じたのはアナイリン・バーナード。「ダンケルク」で英兵の中に紛れ込んでいたフランス兵を演じた俳優。台詞はないけど端整な顔立ちで妙に印象に残っています。

 そのアナイリン・バーナードが、本作では天性の無邪気さを持つ天才モーツァルトをとても魅力的に演じています。今まで観た中で一番心を掴まれたモーツァルトかも知れません。

 モーツァルトの、音楽に向き合う真剣な表情と、周囲の人々に振り撒く愛嬌とのギャップに魅了されました。妻子がありながら他の女性に引かれる設定も、その純真無垢な性格、品のある振る舞いで、憎めないキャラクターになっています。


 スザンナ、サロカ男爵をはじめ、俳優陣もそれぞれ役に合っていて良かったし、何より、「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」のオペラシーンはたっぷり聴かせてくれます。モーツァルトの歌曲の崇高な美しさに改めて感じ入り、彼の作品をもっと聴きたくなりました。

 綺麗なプラハの風景と豪華な衣装も見応えあります。素敵な音楽映画でした。

☆☆☆☆


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「永遠のジャンゴ」 [映画(新作)]

django.jpg
DJANGO
2017フランス

監督:エチエンヌ・コマール
原作:アレクシ・サラトコ
出演:レダ・カテブ、セシル・ドゥ・フランス、ベアタ・パーリャ、ビンバム・メルシュタイン、ガブリエル・ミレテ、ジョニー・モントレイユ、ヴァンサン・フラド、グザヴィエ・ボーヴォワ、パトリック・ミル


 ジプシー出身の天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトを主人公にした音楽伝記ドラマです。

 時代を1943年~1946年に絞り、ナチス政権時代のフランスで、激しい迫害を受けたロマの人々の苦難とジャンゴの過酷な運命が描かれています。

 ジャンゴ・ラインハルトについては初めて名前を知りました。そのクラシックとジャズを融合したような音楽と、表現豊かなギターテクニック(何本かの指が障害で使えないとは思えない細やかさ)が素晴らしかったというのが本作でよくわかりました。

 虐殺シーンもあり、ナチスによる残酷な迫害シーンには胸が痛む。有名な音楽家である自分にまで害は及ぶまいと初めは呑気に構えていたジャンゴも、ますます悪化する情勢に危機感を募らせて行きます。

 そしてナチスのための演奏依頼が来た時、彼はスイスへの亡命を決断します。

 ジャンゴは、セシル・ドゥ・フランス演じる愛人もいるが、妻や母親のことを何より大切に思っている、人間味溢れる人物として描かれていました。演じたのはレダ・カテブ。私は初めて見る俳優でしたが上手かった。彼の抑えた演技から、ジャンゴの心の中に込み上げる悲しみの深さや怒りの激しさが、ひしひしと伝わって来ました。


 足止めされた国境近くの潜伏先で、恐怖と絶望の中にありながら、作曲を続けるジャンゴ。音楽が彼の唯一の武器であり希望だったのだと思いました。

 人間の自由と尊厳を奪う醜い戦争の中で、ジャンゴの「レクイエム」がひときわ悲しく美しく、心の底に響きました。

☆☆☆☆


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「ローガン・ラッキー」 [映画(新作)]

logan.jpg
LOGAN LUCKY
2017アメリカ

監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー、ライリー・キーオ、セス・マクファーレン、ケイティ・ホームズ、キャサリン・ウォーターストン、ヒラリー・スワンク、ダニエル・クレイグ
 
 運に見放されたローガン家の長男ジミー。妻には逃げられ、仕事も失い、追い詰められた彼はある大胆不敵な強盗計画に最後の望みを託す。それは全米最大のモーター・スポーツ・イベントNASCARのレース中に、地下の金庫に集められた莫大な売上金を盗み出すというもの。しかしそれを成功させるためには、弟クライドと妹メリーのほかに、どうしても爆破のプロ、ジョー・バングの協力が必要だった。そこで現在服役中のジョーを脱獄させ、強盗終了後に再び刑務所に戻すという前代未聞の作戦が決行されるのだったが・・・。(allcinema解説より)


 引退していたスティーヴン・ソダーバーグ監督が4年振りにメガホンをとった復帰作です。

 社会からはみ出した男たちが、起死回生を計り奇想天外なやり方で現金強奪を実行するというストーリー。


 登場人物たちの不器用で頼りない姿がほほえましい。ハプニングの連続にハラハラしながらも、ユーモラスなやり取りが可笑しかった。“ローガン家の呪い”や“カリフラワー計画”など、いちいち馬鹿馬鹿しくて笑えます。

 チャニング・テイタム、アダム・ドライヴァー、ダニエル・クレイグなど、各キャラクターを真面目に演じている俳優たちも良かった。実力派揃いなので安定感があるし、コミカルな演技も上手いです。

 ことなかれ主義のトップたちの描写はブラックユーモアが効いている。作り手も楽しかっただろうと想像し、メイキングが観たくなります。

 手放しで楽しめる、面白い映画でした。

☆☆☆


nice!(2)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

「愛を綴る女」 [映画(新作)]

fromthe.jpg
MAL DE PIERRES
FROM THE LAND OF THE MOON
2016フランス/ベルギー

監督:ニコール・ガルシア
原作:ミレーナ・アグス
出演:マリオン・コティヤール、ルイ・ガレル、アレックス・ブレンデミュール、ブリジット・ルアン、ヴィクトワール・デュボワ、アロイーズ・ソヴァージュ、ダニエル・パラ

 原作はミレーナ・アグスのベストセラー『祖母の手帖』だそうです。

 情熱的な恋愛に憧れる主人公ガブリエルは、自分の感情を抑えられない激しい気質の女性。その過激な言動を心配した親に半強制的に愛のない結婚をさせられるが、いつまでも運命の相手の出現を信じている。

 やがて彼女は結石を患ったことから入った療養所で、若い帰還兵アンドレと出会い熱烈な恋に落ちる。その後、彼との再会を約束して療養所を後にするが、音信不通となる。ガブリエルが彼を忘れられないまま月日は流れて・・・。


 マリオン・コティヤールの迫力の演技に終始圧倒されました。

 共感し難いヒロインですが、現実を受け止められないイタい女性も、そんな事ある?という展開も、彼女が演じるとリアルです。

 また、帰還兵を演じたルイ・ガレル以上に、夫ジョゼを演じたアレックス・ブレンデミュールが渋くてとても良かった。最初は野暮ったくて冴えない彼が、物語が進むに連れて段々素敵な男性に見えて来るのも見処です。

 とにかくコティヤールが官能的で美しい。演技も上手いので、彼女を観ているだけで飽きません。ストーリーはあまり好みではありませんが、味わい深いラストが良かった。

 夫婦について、愛について考えさせられる映画でした。

☆☆☆


nice!(5)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

「セザンヌと過ごした時間」 [映画(新作)]

cezanne.jpg
CEZANNE ET MOI
2016フランス

監督・脚本:ダニエル・トンプソン
出演:ギヨーム・カネ、ギヨーム・ガリエンヌ、アリス・ポル、デボラ・フランソワ、サビーヌ・アゼマ、ジェラール・メラン、イザベル・カンドリエ、フレイア・メイヴァー


 長らく更新をサボっていましたが、その間何本か映画を観ました。こちらは一月ほど前に観た作品です。


 近代絵画の父と呼ばれるポール・セザンヌ。彼の没後110年を記念して作られた映画だそうてす。監督は「モンテーニュ通りのカフェ」などのダニエル・トンプソン。

 セザンヌの制作活動と、小説家エミール・ゾラとの交流の様子が淡々と描かれていました。これといった事件もなく平坦なストーリーですが、引き込まれます。セザンヌとゾラを演じたギヨーム・ガリエンヌと、ギヨーム・カネの重厚な演技は見応えありました。


 小説家として成功したゾラに対して、アカデミーに認められず孤立していくセザンヌ。二人の友情が崩れる様が悲しい。

 親からの仕送りと借金で疲弊しながらも、セザンヌは生涯、画家として自分のスタイルを貫き通します。その頑固さが時に周囲を傷つけ自らを孤独に追い込むのですが、作品が評価されず何度失望しても描き続ける彼の姿には胸を打たれずにいられませんでした。


 叙情的な音楽を背景に、キャンバスの向こうに堂々と鎮座するプロヴァンスの山々の風景が美しい。

 晩年に認められ始めたものの、天才画家としての地位を得たのは亡くなってからのこと。不遇の画家の人生がとても切ない。エンドクレジットでセザンヌの作品が次々と映し出されると、なんとも言えない寂寥感に胸が締め付けられました。

 セザンヌの作品を改めてじっくりと観たくなります。映像と音楽がとても美しくて、強く心に響く映画でした。

☆☆☆☆



nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「ブレードランナー 2049」 [映画(新作)]

bladerunner.jpg
BLADE RUNNER 2049
2017アメリカ

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
原案:ハンプトン・ファンチャー
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、マッケンジー・デイヴィス、シルヴィア・フークス、レニー・ジェームズ、カルラ・ユーリ、ロビン・ライト、ショーン・ヤング、デイヴ・バウティスタ、ジャレッド・レトー


 1982年に公開されたリドリー・スコット監督の「ブレードランナー」の続編。

 前作の舞台から30年。更に荒廃を続ける世界で、レプリカントを解任(処分)する任務に当たるLA市警のブレードランナー“K”の壮絶な運命が描かれる。監督は「プリズナーズ」「メッセージ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ、リドリー・スコットは製作総指揮を務めています。


 Kが一人のレプリカントを解任したことを発端にある謎が浮上する。捜査を続けるうち、30年前女性レプリカントと共に失踪したブレードランナー、デッカードの存在にたどり着く。そしてKは自らの記憶の秘密に足を踏み入れることになるのだった。一方、レプリカント繁殖によって宇宙支配を企てるウォレスもデッカードを追っており・・・。


 少し前に初めて前作を観て、35年経っても全く色褪せない、斬新で創造性に溢れる世界観に衝撃を受けました。

 それ以来楽しみにしていた本作ですが、期待以上の面白さでした。

 進化したテクノロジー、退廃した世界を表現した映像、脚本、演出。ライアン・ゴズリングはじめ俳優陣の演技も見応えありました。35年経ってのハリソン・フォードの出演は感慨深かった。

 レプリカントの孤独と悲哀が胸に突き刺さります。

 2時間半以上の長さ、緊張の連続で疲れましたが、この独特な世界観ははまりました。

☆☆☆☆



nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:日記・雑感

「ダンケルク」 [映画(新作)]

dunkirk.jpg
DUNKIRK
2017イギリス/アメリカ/フランス
監督・脚本:クリストファー・ノーラン

出演:フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード、ジェームズ・ダーシー、バリー・コーガン、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、マーク・ライランス、トム・ハーディ、マイケル・フォックス、ジョン・ノーラン


 1940年、フランス北端の港町ダンケルク。ドイツ軍に追い詰められた英仏連合軍40万の兵士たちは絶体絶命の状況を迎えていた。若き英国兵トミーが街中を必死で逃げ回り、ようやく辿り着いた海岸には、おびただしい数の兵士たちが救助の船を待っていた。しかし彼らに残された時間は限られていた。そこでドーバー海峡を挟んだ対岸のイギリスでは、民間の船までをも総動員した救出作戦が決行される。民間船の船長ミスター・ドーソンもそれに呼応し、息子とともに危険を顧みず同胞が待つダンケルクへ向け船を走らせる。そして最新鋭戦闘機スピットファイアのパイロット、ファリアーもまた、危険を承知の上で味方の撤退を援護すべくイギリスから飛び立つのだったが・・・。(allcinema解説より)


 陸、海、空とそれぞれの角度から、世紀の大救出劇が臨場感たっぷりに描かれています。

 時間を前後させながら次々とテンポ良く場面を切り替える演出が上手いです。特に、空中戦の描写は臨場感があって引き込まれました。一刻を争う緊迫した状況に、時を刻むようなハンス・ジマーの音楽が効いています。


 第二次世界大戦下で実際に行われた大撤退作戦を元にしています。

 “生きて帰りたい”と悲痛に願う兵士たち。彼らを救う為に命を賭して戦う飛行士。信念を持って行動する民間人。人々の強い強い想いが画面から溢れていました。

 敗北の負い目を抱いて帰還した兵士たちを温かく迎える市民の姿にも胸を打たれます。戦争の残酷さ悲しさは勿論ですが、命の尊さと人間の強さが心に深く響く映画でした。

 多くの若手俳優たちが好演している中で、マーク・ライランスの渋い演技が一際光っていました。ケネス・ブラナー、トム・ハーディーも良かったです。
 
☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 映画(新作) ブログトップ