So-net無料ブログ作成
検索選択
映画(新作) ブログトップ
前の10件 | -

「ダンケルク」 [映画(新作)]

dunkirk.jpg
DUNKIRK
2017イギリス/アメリカ/フランス
監督・脚本:クリストファー・ノーラン

出演:フィオン・ホワイトヘッド、トム・グリン=カーニー、ジャック・ロウデン、ハリー・スタイルズ、アナイリン・バーナード、ジェームズ・ダーシー、バリー・コーガン、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィ、マーク・ライランス、トム・ハーディ、マイケル・フォックス、ジョン・ノーラン


 1940年、フランス北端の港町ダンケルク。ドイツ軍に追い詰められた英仏連合軍40万の兵士たちは絶体絶命の状況を迎えていた。若き英国兵トミーが街中を必死で逃げ回り、ようやく辿り着いた海岸には、おびただしい数の兵士たちが救助の船を待っていた。しかし彼らに残された時間は限られていた。そこでドーバー海峡を挟んだ対岸のイギリスでは、民間の船までをも総動員した救出作戦が決行される。民間船の船長ミスター・ドーソンもそれに呼応し、息子とともに危険を顧みず同胞が待つダンケルクへ向け船を走らせる。そして最新鋭戦闘機スピットファイアのパイロット、ファリアーもまた、危険を承知の上で味方の撤退を援護すべくイギリスから飛び立つのだったが・・・。(allcinema解説より)


 陸、海、空とそれぞれの角度から、世紀の大救出劇が臨場感たっぷりに描かれています。

 時間を前後させながら次々とテンポ良く場面を切り替える演出が上手いです。特に、空中戦の描写は臨場感があって引き込まれました。一刻を争う緊迫した状況に、時を刻むようなハンス・ジマーの音楽が効いています。


 第二次世界大戦下で実際に行われた大撤退作戦を元にしています。

 “生きて帰りたい”と悲痛に願う兵士たち。彼らを救う為に命を賭して戦う飛行士。信念を持って行動する民間人。人々の強い強い想いが画面から溢れていました。

 敗北の負い目を抱いて帰還した兵士たちを温かく迎える市民の姿にも胸を打たれます。戦争の残酷さ悲しさは勿論ですが、命の尊さと人間の強さが心に深く響く映画でした。

 多くの若手俳優たちが好演している中で、マーク・ライランスの渋い演技が一際光っていました。ケネス・ブラナー、トム・ハーディーも良かったです。
 
☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「新感染 ファイナル・エクスプレス」 [映画(新作)]

train.jpg
TRAIN TO BUSAN
2016韓国

監督:ヨン・サンホ
出演:コン・ユ、チョン・ユミ、マ・ドンソク、キム・スアン、チェ・ウシク、アン・ソヒ、キム・ウィソン


 まさにノンストップ。最初から最後まで目が離せない面白さでした。

 ソウル発プサン行きの高速鉄道KTX。主人公ソグは娘スアンと共に別居中の妻の元に向かっていた。
 折しも韓国各地では謎のパンデミックが発生、ソグが乗ったKTXにも感染者が紛れ込んでいた。ゾンビ化した感染者は次々と乗客を襲い増殖、あっという間に列車内はパニックに陥る。


 ソグと娘、そして生き残った乗客たちの必死のサバイバルに、ハラハラドキドキしながら引き込まれました。

 列車という密室を上手く利用したアクション、感染者のビジュアルの怖さや生存者のサバイバルの行方だけでなく、登場人物それぞれの人間ドラマが丁寧に描かれていたので、見応えがありました。

 極限状態で露見する人間性。ゾンビ以上に怖いのは人間でした。

 そして、深い愛で結ばれた主人公と娘の絆にはほろり。子役キム・スアンの演技が上手いので自然に感情移入して観入りました。

 脚本と演出が絶妙。冒頭のシーンで伏線を張り、その後は舞台を鉄道に絞り、外部の情報は車内モニターや携帯電話から伝えるという徹底ぶりが気持ち良かった。とにかく逃げる。銃は使わず武器はバットのみというのも良かったと思います。

☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」 [映画(新作)]

bob.jpg
A STREET CAT NAMED BOB
2016イギリス

監督:ロジャー・スポティスウッド
原作:ジェームズ・ボーエン
出演:ルーク・トレッダウェイ、ルタ・ゲドミンタス、ジョアンヌ・フロガット、アンソニー・ヘッド、キャロライン・グッドオール、ベス・ゴダード、ジェームズ・ボーエン


 原作は、ジェームズ・ボーエンの実体験を書籍化して世界的ベストセラーとなった作品。

 無一文のストリート・ミュージシャンの青年が、一匹の野良猫ボブとの出会いによって薬物依存から立ち直り更生する話です。

 映画に描かれる貧困問題の現実には暗い気持ちにもなるが、守るべきものがあると人間は強くなれるものだと、希望を感じられるところが良かった。

 予想通りの展開ながら、獲物を追いかけたり、ゴロゴロしたり、ボブの行動や表情がとても可愛いらしくて癒されます。

 ボブ本人(本猫)が出演していて、その初めてとは思えない自然な演技(?)に感心しました。肩に乗ったりハイタッチしたり、芸達者で愛嬌たっぷりの猫です。

 それ以外にも“あるある”が満載で、特に猫好きにはとても楽しめる作品だと思います。私も終始ほっこりとした気持ちにさせられました。

 現在、ジェームズ本人は、動物愛護団体で働き、ホームレスや薬物依存者の支援などの活動で社会に貢献しているとのこと。本作にもちょっと出演しています。

☆☆☆



nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「ワンダーウーマン」 [映画(新作)]

wonder.jpg
WONDER WOMAN
2017アメリカ

監督:パティ・ジェンキンス
出演:ガル・ガドット、クリス・パイン、ロビン・ライト、ダニー・ヒューストン、デヴィッド・シューリス、コニー・ニールセン、エレナ・アナヤ、ユエン・ブレムナー、サイード・タグマウイ


 DCコミックスが誇る女性スーパーヒーロー、ワンダーウーマンの実写映画としては初の単独主演作で、世界中で空前の大ヒットを記録した痛快アクション・アドベンチャー大作。第一次世界大戦下を舞台に、世界から隔絶した女性だけの島に生まれ育ったワンダーウーマンことプリンセス・ダイアナが、ある事件をきっかけに島を飛び出し、世界を救うために獅子奮迅の活躍をするさまを、初めて接する男社会での摩擦が生み出すユーモアを織り交ぜつつ、美しく凛々しい華麗なアクションとともに描き出す。(allcinema解説より)


 女性だけの島で戦士として育てられた神の子ダイアナが、イギリス軍のスパイ、スティーブと出会ったことで人間の世界に触れ、自らの使命に目覚める。という、ワンダーウーマン誕生の物語としてはなかなか面白かったです。

 ただ、第一次世界大戦という史実を扱うなら慎重さに欠ける気がしました。特に、悪=ドイツ=毒ガス、という一方的な描き方に違和感がありました。

 しかしそこはエンターテインメント作品なので目を瞑るとして、十分楽しめるストーリーになっていました。

 何と言っても、ガル・ガドットのダイアナ=ワンダーウーマンがハマり役で格好良かったです。彼女の美しい顔と身体、堂々たるアクションはずっと見ていたいほど魅力的でした。ダイアナの純粋で真っ直ぐな性格も素敵だと思いました。

 前半、女性だけの島で戦闘の訓練に励む女戦士たちのシーンも迫力があって格好良かった。ショーン・ペンの元妻ロビン・ライトは50歳位だと思うのですが、綺麗なスタイルと力強いアクションに驚かされました。

 スティーブ役のクリス・パイン、悪役を演じるデヴィド・シューリスも良かったと思います。

☆☆☆


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「夜明けの祈り」 [映画(新作)]

yoakeno.jpg
LES INNOCENTES
THE INNOCENTS
2016フランス/ポーランド

監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:ルー・ドゥ・ラージュ、アガタ・ブゼク、アガタ・クレシャ、ヴァンサン・マケーニュ、ヨアンナ・クーリグ、エリーザ・リチェムブル、アンナ・プロフニアク、カタジナ・ダンブロフスカ、トーマ・クマン


 第二次世界大戦直後のポーランド。赤十字の医療施設で働くフランス人女医マチルドの元を一人のシスターが助けを求めて訪れる。シスターがマチルドを案内した修道院では少女が陣痛で苦しんでいた。帝王切開で母子を救ったマチルドは、その修道院で、ソ連兵によって暴行を受け妊娠した多くの修道女たちを目の当たりにして愕然とする。

 誰に訴える事もせず、ただ神に赦しを請うため祈りを捧げる彼女たちを救うため、マチルドは修道院に通いつめる。


 犠牲者であっても、本人に非がなくても、性的に堕落したとして女性だけが責められるカトリックの理不尽な教義は、映画「マグダレンの祈り」や「あなたを抱きしめる日まで」を思い出します。宗教については良く解りませんが、信仰によって人間の魂が救われる一方で、本作のように現実的に女性たちが追い詰められて行くところが切ない。本作の修道院長が象徴する信仰の暴走は本当に怖いと思いました。

 衝撃的な帝王切開のシーン、凄惨な暴行現場(直接的な映像はありませんがマチルドが兵士に襲われるシーンで想像させられます。)、苦境に立たされる女性たちの心情を想像して、気分が悪くなってしまいました。

 しかし、やりきれない話ではありますが、行き場もなく絶望の中にいる修道女たちの心に寄り添うマチルドの献身的な援助。それによって救われて行く女性たちの姿が希望を感じさせてくれます。

 マドレーヌ・ポーリアックというフランス人医師をモデルにした実話です。信念を貫くマチルドの勇気に感動し、命の尊さや人間の尊厳について深く考えさせられる作品でした。

 美しい映像と、寒々とした修道院に響く聖歌が、修道女たちとマチルドの崇高な魂そのものに思えて、強く胸を打たれました。

☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「スパイダーマン:ホームカミング」 [映画(新作)]

spider.jpg
SPIDER-MAN: HOMECOMING
2017アメリカ

監督:ジョン・ワッツ
出演:トム・ホランド、マイケル・キートン、ジョン・ファヴロー、ゼンデイヤ、ドナルド・グローヴァー、タイン・デイリー、ジェイコブ・バタロン、ローラ・ハリアー、マリサ・トメイ、ロバート・ダウニー・Jr、グウィネス・パルトロー、クリス・エヴァンス、トニー・レヴォロリ


 ニューヨークに暮らす15歳の高校生、ピーター・パーカー。憧れのトニー・スターク=アイアンマンに見込まれ、彼が開発した特製スーツに身を包み、スパイダーマンとして街のパトロールに精を出しながら、早くアベンジャーズの一員になりたいと夢見ていた。そんな中、スタークに仕事を奪われ復讐に燃える男エイドリアン・トゥームス=バルチャーが、地球外の物質から強力な武器を作り出し、ニューヨークを危機に陥れようとしていた。アベンジャーズに任せろとのスタークの忠告にもかかわらず、一人前のヒーローとして認められたいと焦るピーターは、たった一人で敵に立ち向かおうとするのだったが…。(allcinema解説より)


 「シビル・ウォー」(2016)を観てから楽しみにしていました。

 新スパイダーマン=ピーターを演じたトム・ホランドがとても初々しくて良かった。時に空回りしながら、特殊能力を持つ者としての責任を果たそうと頑張る姿にぐっと来ます。

 迫力溢れるアクションシーンは見応えあり、全体のストーリーにも引き込まれました。コミカルで軽いタッチの演出もあり、恋愛や友情、将来の夢など、高校生らしい悩みに直面しながら成長する主人公の姿が微笑ましかった。

 予想以上にロバート・ダウニー・Jrの出演シーンが多く、トニー・スタークだけでなく“アイアンマン”の活躍が観られたのも嬉しかった。

 敵役のマイケル・キートン、メイおばさんを演じたマリサ・トメイ、トニー・スタークの部下ハッピーのジョン・ファヴローと、魅力的な俳優が揃っていました。

 時間の関係で吹替版を観たのですが、字幕版でもう一度観たいです。

☆☆☆☆

spider02.jpg
トム・ホランドが可愛い。
親友ネッドを演じたジェイコブ・バタロン(左)も印象的でした。




nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「東京喰種 トーキョーグール」 [映画(新作)]

ghoul.jpg
2017日本

監督:萩原健太郎
原作:石田スイ

出演:窪田正孝、清水富美加、鈴木伸之、桜田ひより、蒼井優、大泉洋、村井國夫、小笠原海、白石隼也、相田翔子、柳俊太郎、坂東巳之助、佐々木希、浜野謙太、古畑星夏、前野朋哉、ダンカン、岩松了


 アニメ化もされた石田スイの人気コミックスを窪田正孝主演で実写映画化したアクション・ホラー。人間を喰らう喰種(グール)が潜む東京を舞台に、ひょんなことから半喰種になってしまった主人公の苦悩と、喰種一掃を目指す人間との熾烈な攻防の行方を描く。共演に清水富美加、鈴木伸之、蒼井優、大泉洋。監督は本作が長編デビューの萩原健太郎。(allcinema解説より)


 初日舞台挨拶付きの上映に行って来ました。実は密かに窪田正孝くんを応援しています(^^;。

 半グールになってしまった青年の苦悩と壮絶な闘いが描かれていて、見応えありました。アクションシーンも迫力あります。グロいシーンも多いですが、それによってグールとは何かが解って来るし、主人公の痛み悲しみが心に響いて来ます。

 原作は読んでいないのですが、作品の世界観は何となく伝わりました。彼らが今後どうなるのか気になります。

 窪田正孝の渾身の演技には終始引き込まれました。清水富美加も良かった。いい女優になれたのにと思うと複雑・・・。最も強く印象に残ったのが蒼井優。さすがの存在感。凄いです。

 上映後に舞台挨拶。窪田くんは遠くから見られただけでしたが、とにかく顔が小さいし格好いい。彼は今TVドラマ「僕たちがやりました」でもいい演技をしていると思います。

☆☆☆


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「キング・ホステージ」 [映画(新作)]

arsenal.jpg
ARSENAL
2017アメリカ

監督:スティーヴン・C・ミラー
出演:ニコラス・ケイジ、ジョン・キューザック、エイドリアン・グレニアー、ジョナサン・シェック、クリストファー・コッポラ


 新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2017/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2017」で3回上映! ニコラス・ケイジ出演作という事で行って来ました。
http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2017/


 ミシシッピ州のダウンタウンで事業を営むJ・Pは妻子と平穏に暮らしていたが、彼とは対照的に兄マイキーは定職にも就かず荒んだ生活を送っていた。ある日、街を牛耳る極悪非道の男エディ・キングがマイキーを誘拐し、J・Pに身代金を要求する。

 友人のサル刑事の協力を得て、兄を救出するために奔走するJ・P。兄の居場所を突き止めた彼はキングとの対決を決意する。


 厄介者の兄と出来の良い弟が兄弟の絆を取り戻すストーリーに感動しないこともないのですが、キングを演じたニコラス・ケイジの演技が強烈過ぎてそちらに全部持って行かれます。もう完全に“ニコラスの映画“です。極悪人キングのイカれた言動は、付け鼻にふさふさ髪の効果(?)もあって、とても不気味で怖かった。

 全体を通して流血が多く、暴力描写が非常に過激でエグいのですが、それが毎度スローモーションで見せられるので、返って何だか滑稽で思わず吹き出しそうになります。ある意味新感覚かも・・・。

 ジョン・キューザックがサル刑事役でしたが、ニコラスとの絡みがなかったのが残念。というか、キューザック出演の意味が謎です。あと、キングの兄バディ役をケイジの実兄クリストファー・コッポラが演じています。バディもインパクトあるキャラクターでした。


 ストーリーも映像も雑で突っ込みどころ満載なのですが、なかなか面白い映画でした。頭悪そうで格好悪いニコラスもここまで徹底していると気持ち良いです(笑)。それだけでも観た甲斐があったと思います。

☆☆☆


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ハクソー・リッジ」 [映画(新作)]

hacksaw.jpg
HACKSAW RIDGE
2016オーストラリア/アメリカ

監督:メル・ギブソン
出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、レイチェル・グリフィス、ヴィンス・ヴォーン、ナサニエル・ブゾリック、ルーク・ペグラー、ニコ・コルテス、ゴラン・D・クルート


 アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。それでも決して信念を曲げないデズモンド。とうとう軍法会議にかけられてしまうが、ついには彼の主張が認められ、晴れて衛生兵として戦場に立つことを許可される。こうして日本軍との激戦の地、沖縄の前田高地、通称ハクソー・リッジ(のこぎり崖)へと赴くデズモンドだったが…。(allcinema解説より)


 負傷して担架で運ばれる兵士の映像から一気にデズモンドの過去に遡る。

 何故彼が銃を持たずに戦場にいるのか、その経緯が前半でじっくりと語られます。“良心的兵役拒否者”にも様々なケースがあるという事も解って来ます。

 そして場面はまた一気に戦場に。この切り替え方、対比が凄い。いきなり物凄い緊張の中に放り込まれます。

 後半は沖縄戦での激しい銃撃戦がこれでもかと続きます。目を背けたくなるような凄惨な兵士たちの姿を映し出したシーンは、私にとって「プライベート・ライアン」以来の衝撃だったかも知れません。

 そして地獄絵図のような戦場でデズモンドがとった行動とは・・・。信じられないというか、これが実話とは、ただただ驚きました。

 しかし、過去のシーンでは訓練の時くらい妥協しては?と思いましたが、彼が頑なに銃を手にしなかった理由が本当の意味で理解できた気がしました。人間の真の強さ、勇気について考えさせられます。

 戦争は絶対にいけない。自明な事ですが本作を観たら簡単に口にする前にもっと考えなくては、知らなくては、という気持ちになります。そんな凄みのある映画でした。メル・ギブソン監督、凄いです。

 エンディングで本人のインタビュー映像が流れます。全てはたった1世代前、2世代前の人々の話。現実だと改めて思い知らされ愕然となりました。

☆☆☆☆


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「スプリット」 [映画(新作)]

split1.jpg
SPLIT
2017アメリカ
監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソン

 全米で興行収入3週連続1位の大ヒットとのこと。「シックスセンス」のシャマラン監督の新作です。

 ネットを見ると賛否両論あるようですが、私は好きなタイプの作品でした。


 ある日3人の女子高生が誘拐監禁される。犯人は23人の人格を持つ多重人格の男ケビンだった。潔癖症の青年、9歳の無邪気な少年、エレガントな女性と、次々と入れ替わるケビンの人格に恐怖を募らせる少女たち。そして、脱出の機会を窺う彼女たちの前に、最も狂暴な24番目の人格“ビースト”が出現しようとしていた。


 多重人格のケビンを演じるのはジェームズ・マカヴォイ。その変幻自在、迫真の演技に引き込まれます。それでいて誇張し過ぎることなく、次々と人格が入れ替わる様は本当にリアルでした。

 女子高生の一人、ケイシーを演じたアニヤ・テイラー=ジョイも良かった。不思議な魅力を持った気になる女優です。彼女の大きな眼から溢れる恐怖と絶望の涙に戦慄しました。

split2.jpg
アニヤ・テイラー=ジョイ


 精神科医の老女とケビンの会話や台詞から、解離性同一性障害がどういうものかが徐々に解って来ると、ストーリーが俄然面白くなります。また、随所で挿入されるケイシーの過去のシーンは、結末に向けて大きな意味を持って来ます。

 犯人の目的は何なのかという謎解きの面白さもあるし、恐怖が増殖していくホラーとしても良く出来ていると思いました。人物の表情のアップが効果的に多用されるなど、緊張感を持続する演出がとにかく上手いです。

 そして、本作の一番の魅力は、恐怖を煽るだけでなく、登場人物の心の闇も描き出しているところ。想像力を掻き立てられ、全編に漂う深い悲しみに胸が締め付けられました。

 とても見応えある人間ドラマになっていますが、そこはやはりマカヴォイの名演(怪演?)による所が大きい作品だと思いました。

 ケイシーのラストの表情も何とも言えない余韻を残します。


 同監督の映画「アンブレイカブル」と本作を合わせた作品「GLASS」の制作が決まっている模様。とても気になります。

☆☆☆☆


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 映画(新作) ブログトップ