So-net無料ブログ作成
検索選択
映画(新作) ブログトップ
前の10件 | -

「ハクソー・リッジ」 [映画(新作)]

hacksaw.jpg
HACKSAW RIDGE
2016オーストラリア/アメリカ

監督:メル・ギブソン
出演:アンドリュー・ガーフィールド、サム・ワーシントン、ルーク・ブレイシー、テリーサ・パーマー、ヒューゴ・ウィーヴィング、レイチェル・グリフィス、ヴィンス・ヴォーン、ナサニエル・ブゾリック、ルーク・ペグラー、ニコ・コルテス、ゴラン・D・クルート


 アメリカの田舎町で育ったデズモンド・ドスは、看護師のドロシー・シュッテと恋に落ちるも、激化する第2次世界大戦に心を痛め、衛生兵になるべく陸軍に志願する。しかし基地での訓練で銃に触れることを拒絶し、上官や他の兵士たちから執拗ないやがらせを受けるようになる。それでも決して信念を曲げないデズモンド。とうとう軍法会議にかけられてしまうが、ついには彼の主張が認められ、晴れて衛生兵として戦場に立つことを許可される。こうして日本軍との激戦の地、沖縄の前田高地、通称ハクソー・リッジ(のこぎり崖)へと赴くデズモンドだったが…。(allcinema解説より)


 負傷して担架で運ばれる兵士の映像から一気にデズモンドの過去に遡る。

 何故彼が銃を持たずに戦場にいるのか、その経緯が前半でじっくりと語られます。“良心的兵役拒否者”にも様々なケースがあるという事も解って来ます。

 そして場面はまた一気に戦場に。この切り替え方、対比が凄い。いきなり物凄い緊張の中に放り込まれます。

 後半は沖縄戦での激しい銃撃戦がこれでもかと続きます。目を背けたくなるような凄惨な兵士たちの姿を映し出したシーンは、私にとって「プライベート・ライアン」以来の衝撃だったかも知れません。

 そして地獄絵図のような戦場でデズモンドがとった行動とは・・・。信じられないというか、これが実話とは、ただただ驚きました。

 しかし、過去のシーンでは訓練の時くらい妥協しては?と思いましたが、彼が頑なに銃を手にしなかった理由が本当の意味で理解できた気がしました。人間の真の強さ、勇気について考えさせられます。

 戦争は絶対にいけない。自明な事ですが本作を観たら簡単に口にする前にもっと考えなくては、知らなくては、という気持ちになります。そんな凄みのある映画でした。メル・ギブソン監督、凄いです。

 エンディングで本人のインタビュー映像が流れます。全てはたった1世代前、2世代前の人々の話。現実だと改めて思い知らされ愕然となりました。

☆☆☆☆


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「スプリット」 [映画(新作)]

split1.jpg
SPLIT
2017アメリカ
監督・脚本:M・ナイト・シャマラン
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソン

 全米で興行収入3週連続1位の大ヒットとのこと。「シックスセンス」のシャマラン監督の新作です。

 ネットを見ると賛否両論あるようですが、私は好きなタイプの作品でした。


 ある日3人の女子高生が誘拐監禁される。犯人は23人の人格を持つ多重人格の男ケビンだった。潔癖症の青年、9歳の無邪気な少年、エレガントな女性と、次々と入れ替わるケビンの人格に恐怖を募らせる少女たち。そして、脱出の機会を窺う彼女たちの前に、最も狂暴な24番目の人格“ビースト”が出現しようとしていた。


 多重人格のケビンを演じるのはジェームズ・マカヴォイ。その変幻自在、迫真の演技に引き込まれます。それでいて誇張し過ぎることなく、次々と人格が入れ替わる様は本当にリアルでした。

 女子高生の一人、ケイシーを演じたアニヤ・テイラー=ジョイも良かった。不思議な魅力を持った気になる女優です。彼女の大きな眼から溢れる恐怖と絶望の涙に戦慄しました。

split2.jpg
アニヤ・テイラー=ジョイ


 精神科医の老女とケビンの会話や台詞から、解離性同一性障害がどういうものかが徐々に解って来ると、ストーリーが俄然面白くなります。また、随所で挿入されるケイシーの過去のシーンは、結末に向けて大きな意味を持って来ます。

 犯人の目的は何なのかという謎解きの面白さもあるし、恐怖が増殖していくホラーとしても良く出来ていると思いました。人物の表情のアップが効果的に多用されるなど、緊張感を持続する演出がとにかく上手いです。

 そして、本作の一番の魅力は、恐怖を煽るだけでなく、登場人物の心の闇も描き出しているところ。想像力を掻き立てられ、全編に漂う深い悲しみに胸が締め付けられました。

 とても見応えある人間ドラマになっていますが、そこはやはりマカヴォイの名演(怪演?)による所が大きい作品だと思いました。

 ケイシーのラストの表情も何とも言えない余韻を残します。


 同監督の映画「アンブレイカブル」と本作を合わせた作品「GLASS」の制作が決まっている模様。とても気になります。

☆☆☆☆


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」 [映画(新作)]

guardians.jpg
GUARDIANS OF THE GALAXY VOL. 2
2017アメリカ
監督・脚本:ジェームズ・ガン

出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、マイケル・ルーカー、カレン・ギラン、ポム・クレメンティエフ、エリザベス・デビッキ、クリス・サリヴァン、ショーン・ガン、シルヴェスター・スタローン、カート・ラッセル
(声):ヴィン・ディーゼル、ブラッドリー・クーパー


 銀河のはみ出し者たちで結成されたマーベルの異色ヒーロー・チーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”の活躍を描き空前の大ヒットを記録したスペース・アクション・アドベンチャー大作の第2弾。再び銀河の危機に立ち向かうガーディアンズの運命を、リーダー、ピーター・クイルの出生の秘密ともに描き出していく。(allcinema解説より)



 字幕版で鑑賞しました。

 冒頭のアクションシーンから、迫力満点でコミカルなカメラワークに引き込まれます。ベビー・グルートが可愛い過ぎる・・・。


 1作目は、TVの放送で観たからか、正直面白さが今ひとつ伝わらなかったのですが、本作はとても面白くて、劇場で観られて本当に良かった。1作目はちゃんと観ていなかったかも・・・と思い直しています。

 迫力ある映像に魅力的なキャラクターたち、ユーモア溢れる台詞の応酬、引き込まれるストーリー、アクション、70~80年代のノリの良い音楽とその絶妙な使い方・・・。終始楽しくてワクワクが止まりませんでした。

 チームのリーダー、ピーターをクリス・プラットが好演。お調子者で頼りない所もあるが、闘う姿が最高に格好良いです。

 そのピーターの父を名乗るインチキ臭い男、エゴのキャラクターも面白かった。カート・ラッセルの怪演が効いています。


 バラバラになりかけたチームが一致団結して闘う姿には感動。ヨンドゥの存在にも胸を打たれました。笑いが満載ですが、だからこそ余計にシリアスな部分が際立つという秀逸な脚本。エンドクレジットまで楽しく、その“これでもか!”というサービス精神が幸せな気持ちにさせてくれます。


 期待を遥かに超えて大満足の映画でした。1作目も観直そうと思っています。


☆☆☆☆


nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「LION/ライオン~25年目のただいま~」 [映画(新作)]

lion.jpg
LION
2016オーストラリア
監督:ガース・デイヴィス
原作:サルー・ブライアリー

出演:デヴ・パテル、サニー・パワール、ルーニー・マーラ、デヴィッド・ウェンハム、ニコール・キッドマン、アビシェーク・バラト、ディヴィアン・ラドワ、プリヤンカ・ボース、ディープティ・ナヴァル


 5歳の時に迷子になり、オーストラリア人夫婦の養子として育てられたインドの少年が、大人となりGoogle Earthを駆使して生家を見つけ出し、25年の時を経て実の家族との再会を果たした奇跡の実話を「スラムドッグ$ミリオネア」「奇蹟がくれた数式」のデヴ・パテル主演で映画化した感動ドラマ。(allcinema解説より)


 5才のサルーが兄とはぐれ迷子になってから施設に保護されるまでの前半は観るのが本当に辛かった。言葉も通じない見知らぬ街に一人ぼっちでどれ程怖くて悲しかっただろうと思うと胸が痛みました。

 この前半が丁寧にじっくりと描かれているので引き込まれました。5才のサルーを演じる男の子が可愛くて泣けてきます。

 後半では、オーストラリアで成長したサルーが自身の存在や故郷への想いに悩み、実母探しを決意、生家を探し当てるまでの長くて険しい旅が描かれています。

 少し前にTVでこの実話の詳しい経緯と顛末が取り上げられていたのを観たのですが、僅かな情報を元に特定の場所を探す事が、Google Earthをもってしても、どれだけ困難で忍耐力の要る作業かということが良く解りました。その辺りはTVの方が探し方に具体性があって興味深かったと思います。


 サルーの養父母の勇気、息子の生存を信じて待ち続けた実母の強さ、それぞれの親の深い愛は想像を遥かに超えます。ただただ凄いと思いました。

 救いもありますが、貧困、児童労働、ストリートチルドレン、人身売買・・・と様々な問題が心に重く残る映画でした。

☆☆☆


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「夜は短し歩けよ乙女」 [映画(新作)]

yoru.jpg

2017日本(アニメ)

監督:湯浅政明
アニメーション制作:サイエンスSARU
原作:森見登美彦
脚本:上田誠
キャラクター原案:中村佑介
声:星野源、花澤香菜、神谷浩史、秋山竜次、中井和哉、甲斐田裕子、吉野裕行、新妻聖子、諏訪部順一、中岡創一、コカドケンタロウ


 京都の大学で冴えない日々を送る青年“先輩”。サークルの後輩である“黒髪の乙女”に秘かな想いを寄せながらも直接伝えることもできず、妙な理屈をこね回して編み出した秘策は、なるべく彼女の目にとまる作戦、略して“ナカメ作戦”だった。こうして、ひたすら外堀だけを埋めるむなしくも涙ぐましい努力を続ける先輩は、驚くほどの天然にして好奇心旺盛な彼女が行く先々で遭遇する摩訶不思議な出来事の数々に図らずも巻き込まれていくのだったが…。(allcinema解説より)


 少し前に鑑賞しました。

 森見登美彦の小説のアニメ化作品。京都を舞台に、大学生の”先輩”と”黒髪の乙女”が繰り広げる青春ファンタジー・ラブコメディ。


 ヒロインの女の子”黒髪の乙女”が、お酒を求めて街に繰り出し、古本市を巡り、学園祭の舞台でヒロインを演じ、風邪で寝込んだ友人たちの見舞いに奔走する。そんな彼女に”先輩”の恋心は届くのか・・・。

 奇想天外なストーリーで、登場するのはクセの強いユニークな人物ばかり。絵もかなり個性的で作者の発想力には衝撃を受けました。

 強烈なキャラクターと目まぐるしい展開に呆気に取られながらも、思わず笑いが込み上げます。

 ふざけているようで味わいがある。馬鹿馬鹿しいと思いながらも不思議な世界観に引き込まれました。

 学生の頃に戻りたくなるし、無性にお酒を飲みたくなる。そして人生っていいなぁとちょっと思わせてくれる作品でした。

☆☆☆



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「美女と野獣」 [映画(新作)]

beautyand.jpg
BEAUTY AND THE BEAST
2017アメリカ

監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、ジョシュ・ギャッド、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン、ユアン・マクレガー、スタンリー・トゥッチ、ネイサン・マック、ググ・ンバータ=ロー、オードラ・マクドナルド


 ディズニー・アニメ不朽の名作「美女と野獣」を「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン主演で実写映画化したファンタジー・ラブ・ロマンス。魔女の呪いで醜い野獣に変えられた王子と、聡明で心優しきヒロインの真実の愛を、アニメ版の名曲の数々に加え、新たに書き下ろされた新曲とともに絢爛豪華なヴィジュアルで描き出す。共演はダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス、ケヴィン・クライン、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン。監督は「ドリームガールズ」「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」のビル・コンドン。(allcinema解説より)


 展開は分っているのに、何度観ても新鮮な気持ちで感動する物語です。「ゴッド・アンド・モンスター」が大好きな映画なので、ビル・コンドン監督というのも楽しみでした。

 映像は豪華で綺麗。音楽もたっぷり聴けて、心からロマンティックな気分に浸ることのできる作品でした。ベルと野獣が心を通わせて行く過程はほっこりするし、黄色いドレスのベルと野獣が踊るシーンは美しくてうっとりしました。ベルを軽々と抱き上げる野獣の格好良さに胸がきゅんとなります。

 エマ・ワトソンが芯の強いヒロイン、ベルを可憐に好演。ダン・スティーヴンスは「ダウントンアビー」で知った俳優ですが、彼の演じる野獣の繊細な心には胸を打たれます。ハンサムな素顔より野獣の姿の時のほうが素敵に見えました。

 家具や調度品に変えられたお城の人々のキャラクターも凝っていて楽しい。魔法が溶けて人間の姿に戻った彼らを見て、その豪華な俳優の顔ぶれに驚きました。幸福感に包まれる素敵なラストでした。

 がさつで単細胞の悪役ガストンをコミカルに演じたルーク・エヴァンスも印象に残ります。

 数年前に公開されたフランス制作のレア・セドゥとヴァンサン・カッセルの「美女と野獣」も好きな映画ですが、野獣の過去などストーリーは若干異なります。それぞれ独自の世界観があって、どちらもいいなぁと思いました。

☆☆☆☆


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「T2 トレインスポッティング」 [映画(新作)]

trainsp2.jpg

T2 TRAINSPOTTING
2017イギリス

監督:ダニー・ボイル
原作:アーヴィン・ウェルシュ
出演:ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライル、ケリー・マクドナルド、シャーリー・ヘンダーソン、ジェームズ・コスモ、アンジェラ・ネディヤルコーヴァ、アーヴィン・ウェルシュ、アイリーン・ニコラス、ポーリーン・リンチ


 スコットランド、エディンバラ。仲間を裏切り、大金を持ち逃げしたマーク・レントンは、オランダから20年ぶりに帰郷した。母は既に亡くなっており、実家には年老いた父が一人で暮らしていた。一方、ジャンキーのスパッドは妻子に愛想を尽かされ、孤独に押しつぶされようとしていた。シック・ボーイことサイモンは、パブを経営する裏で、売春やゆすりに手を染めていた。そして、もっとも血の気の多い男ベグビーは殺人を犯して服役中。20年経っても大人になりきれず、相変わらずな人生を歩んでいた4人だったが…。(allcinema解説より)


 20年ぶりに再会した4人の相変わらずのダメっぷりが描かれています。

 前作「トレインスポッティング」の映像が随所で挿入され、あぁそうだったと懐かしく思い出しました。スタイリッシュな映像と音楽は、ダニー・ボイルならでは。格好良くて引き込まれます。


 人間は簡単には変わらないぞというところが痛々しい。少しはまともな人間になっていて欲しかった。

 とは言え、主人公レントンを演じるユアン・マクレガーは格好良いし、キレっ放しのロバート・カーライル、気弱そうなユエン・ブレムナー、男前のジョニー・リー・ミラー(アンジェリーナ・ジョリーの夫だった時もありましたね)とそれぞれ魅力的です。この4人が揃って観られるのは感慨深いものがありました。

 ケリー・マクドナルド、シャーリー・ヘンダーソンも前作に続き出演しています。ケリー・マクドナルド演じるダイアンとレントンとの再会はほろ苦かった。


 本作の後に気になって一作目をまた見直しました。過激かつ挑戦的な表現で映し出された、彼らのどうしようもないクズっぷりは何度観ても衝撃的です。ドラッグは本当に怖い。同時に、行き場のない青年たちの刹那主義的な生き様は悲しくもありました。何故か心を掴まれる作品です。若いユアン・マクレガーの美しさのせいもあるかも知れません。

 同じ愚行を繰り返しているように見えますが、とにかく本作で彼らの20年後を見届けられて良かったと改めて思いました。

☆☆☆☆



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ムーンライト」 [映画(新作)]

moonlight.jpg
MOONLIGHT
2016アメリカ

監督・脚本:バリー・ジェンキンズ
出演:トレヴァンテ・ローズ、アシュトン・サンダーズ、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、アンドレ・ホランド、ジャネール・モネイ、ジャハール・ジェローム


 貧困地域に生まれた孤独な黒人少年を主人公に、彼が自らのセクシャリティに悩み、自分のアイデンティティと居場所を探し求めてもがき苦しみながら成長していくさまを、少年期、青年期、成人期の3パートに分け、革新的な映像美とともに描き出したヒューマン・ドラマ。第89回アカデミー賞ではみごと作品賞を含む3冠に輝いた。監督は長編2作目の新鋭バリー・ジェンキンズ。(allcinema解説より)


 オスカーの発表ミス、本邦公開前倒しなど、いろんな意味で注目を集める作品です。

 シャロンという一人の黒人少年が、薬物中毒の母親の育児放棄、家庭の貧困、いじめ、自らのセクシャリティの問題、と様々な困難に直面し苦悶しながら成長する様を、3時代に分けて3人の俳優が演じています。

 自分は何者なのか、という普遍的なテーマを扱った作品で、スクリーン全体からひしひしと伝わる少年の深い孤独感に胸を締め付けられる。それでいて優しく情感溢れる映像はどこか心地の好いものでした。音楽も美しい。

 シャロンと唯一の友人ケヴィンとの描写は詩的でこの上なく切なかった。人と人の純粋な繋がりには何の障壁もなく、尊いものであることを感じさせてくれるシーンが沢山ありました。

 シャロンを演じた3人の俳優(トレヴァンテ・ローズ、アシュトン・サンダーズ、アレックス・ヒバート)は一見して似ていないが、演技を観ているうちに違和感がなくなってくる。仕草や表情のひとつひとつ、特に目の演技が素晴らしかった。

 助演でオスカーを獲ったマハーシャラ・アリ、同ノミニーのナオミ・ハリスの演技も印象に残る。

 高く評価されている映像美については後からなるほどと思いました。初めて体験するような映画という感覚はその為だったのかと・・・。

 地味ながら、後からじわじわと心に響く映画。”珠玉”という語が頭に浮かびました。

☆☆☆☆



nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由」 [映画(新作)]

monroi.jpg
MON ROI
MY KING
2015フランス

監督:マイウェン
出演:ヴァンサン・カッセル、エマニュエル・ベルコ、ルイ・ガレル、イジルド・ル・ベスコ、クリステル・サン・ルイ・オギュスタン、、

 「ミス・ブルターニュの恋」「太陽のめざめ」など監督としても高い評価を受けるエマニュエル・ベルコが主演を務め、カンヌ国際映画祭で女優賞に輝いた愛憎ドラマ。情熱的なヒロインと魅力的だけど女とお金にだらしないダメ男が繰り広げる10年間の愛憎の軌跡を赤裸々に描き出す。(allcinema解説より)



 スキー事故で膝を負傷しリハビリセンターに入った主人公トニーが、リハビリ生活を送りながら元夫ジョルジオとの10年間の愛憎を振り返るというストーリー。過去と現在が交錯しながら進行します。

 男らしく見えて実は情けないジョルジオを演じるヴァンサン・カッセルが素敵。いかにも陰で何かしてそうな雰囲気だけど、そこも含めてとても魅力的です。

 大恋愛して妊娠、そして結婚と理想的なカップルなのに気持ちがすれ違い、次第に綻びが広がって行く様がリアルです。“私達お互いの事を何も知らない”というトニーの言葉が怖かった。

 愛故に相手を傷つけたり傷ついたり。トニーとジョルジオの感情の起伏が激し過ぎて引いてしまう表現もありますが、程度の差こそあれ人間ってこんなものかなとも思います。

 生々しい会話も多いが、美化せず等身大の男女の関係を描いていて説得力ありました。

 自身を見つめ直すことで、またリハビリ仲間との交流を通じて、トニーは成長します。そしてジョルジオも。希望を感じるラストシーンがとても良いです。

 エマニュエル・ベルコは正統派の美人ではないですが、10年前の愛に満たされ輝くトニーの心身が次第に疲弊して行く様を渾身で演じていて圧倒されました。

☆☆☆☆


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「パッセンジャー」 [映画(新作)]

passenger.jpg
PASSENGERS

2016アメリカ
監督:モルテン・ティルドゥム
脚本:ジョン・スペイツ

出演:ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン、アンディ・ガルシア


 新天地を目指す宇宙船の中で120年眠る筈が90年早く目覚めてしまった男。1年後に同じく目覚めた女性と恋に落ちるが・・・というラブストーリー。

 都合の良い展開でツッコみたい所はいろいろありましたが、なかなか興味深い状況設定ではありました。たった一人宇宙の真ん中で過ごす孤独はどれ程だろうと思うとぞっとします。

 ジェニファー・ローレンスは期待通りセクシーでとても魅力的。クリス・プラットは「マグニフィセント・セブン」でも光っていましたが、ハンサムだけどどこか可愛い雰囲気が女心をくすぐりますね。

 感情移入し難い設定ながら、この二人が非常事態の下で惹かれ合う男女という難しい役を好演していたので、楽しんで観ることができました。

☆☆☆



nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 映画(新作) ブログトップ