So-net無料ブログ作成
検索選択

「ミレニアム4 蜘蛛の巣を払う女」ダヴィド・ラーゲルクランツ [本]

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上)

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (上)

  • 作者: ダヴィド ラーゲルクランツ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下)

ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女 (下)

  • 作者: ダヴィド ラーゲルクランツ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/12/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 スウェーデンの大ベストセラーミステリーの続編。天才ハッカーのリスベットと”ミレニアム”誌のジャーナリスト、ミカエルが協力して犯罪の真実を暴いて行く物語です。1~3は本当に面白くて私もはまりました。「ミレニアム3」を執筆後病死した著者スティーグ・ラーソンの後を引き継いだのは、ジャーナリストで作家のダヴィド・ラーゲルクランツです。


 ある犯罪組織の調査を始めていたリスベットは、人工知能の世界的権威であるバルデル教授に接触。その事に気づいたミカエルも、教授と連絡を取ろうとする。直後教授が何者かに暗殺される事件が発生。

 暗殺犯を目撃したため命を狙われる博士のサヴァン症候群の息子アウグストを救ったリスベットは、ミカエルと共に、事件の背後にある犯罪組織とアメリカの情報機関NSAの陰謀を解き明かして行く。


 雑誌ミレニアムの存続の危機、リスベットの過去、アウグストの人生、様々な要素が絡み合って、はらはらワクワクの連続です。卓越した頭脳と行動力で敵と戦い、独自のやり方で悪に正義の鉄槌を下すリスベットが実に格好良くて、痛快でした。彼女を支え続けるミカエルとの絆もぐっと来ます。

 登場人物が多いが、各性格や人物相関が丁寧に描写されているので、物語に説得力があるし奥行きがあります。場面が頻繁に転換する構成が、緊迫感をより高めている。

 作家が変わっての続編に不安がありましたが、読み始めて直ぐにミレニアムの世界に入り込みました。満足感と共に、読み終わると何だか淋しい。リスベットを狙う強敵もまだ残っているので、5、6、と更なる続編を期待します。本作は映画化の計画もあるとか。そちらも楽しみです。



nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

「少年の名はジルベール」竹宮惠子 [本]

少年の名はジルベール

少年の名はジルベール

  • 作者: 竹宮 惠子
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2016/01/27
  • メディア: 単行本

 少し前に、NHKEテレで放送した浦沢直樹の漫勉「萩尾望都」を観たのですが、萩尾望都さんの描画の細部への拘りと、漫画に対する情熱に感動しました。『少女漫画の神様』と称される今でも“キュンキュンしながら描いている”という言葉が素敵だと思いました。

 その萩尾望都さんと竹宮惠子さんが、同学年で同居していた時代があったことは初めて知りました。しかも、竹宮惠子さんが萩尾望都さんに嫉妬と憧憬の複雑な想いを抱いていたことは衝撃的でした。

 本著では、デビューから「風と木の詩」が世に出るまでの紆余曲折が詳細に綴られていて、増山法恵さんというブレーン的存在の人との関係や、出版社とのやり取り、製作の苦労、努力など、とても興味深い内容でした。かなり面白いです。

 凡人の私とは住む世界の全く違う漫画家の人たちですが、本著は様々な漫画家の名前が出てきて、70年代の空気を感じることもでき、少女漫画大好きだった幼い頃の自分の気持ちが蘇って、胸が締め付けられました。そして、漫画は、私にとって確かに人間の心の奥深さを学ぶ媒体のひとつだったと思いました。

 マンガを新たなステージに引き上げ、社会さえも変えた(確実に変わったと思います。)竹宮惠子さんの偉業を改めて実感することのできる一冊でした。


nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「よこまち余話」木内 昇 [本]


よこまち余話

よこまち余話

  • 作者: 木内 昇
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2016/01/22
  • メディア: 単行本

 その路地は秘密を抱いている。ここは、「この世」の境が溶け出す場所。お針子の齣江、“影”と話す少年、皮肉屋の老婆らが暮らす長屋。あやかしの鈴が響くとき、押し入れに芸者が現れ、天狗がお告げをもたらす。(「BOOK」データベースより)


 木内昇さんの美しい日本語が大好きで新刊は必ずチェックするのですが、本作も期待以上の、心に響く素敵な小説でした。

 小さな路地の小さな長屋でお針子を生業にひっそりと暮らす齣江という女性を中心に、そこに集う人々の人間模様が17の短編になって綴られています。

 時代は大正か昭和初期の頃か。つましい日本の生活や四季の変化が美しい文章で表現されている。

 凛とした佇まいの齣江、謎めいた老婆のトメさん。進学に悩む貧しい家庭の少年と、その母や兄の想い。和菓子屋の主人と娘婿の関係、家業を継いだ質屋や糸屋の仕事への向き合い方など、登場人物たちのささやかで真っ直ぐな人生が、とても切なく優しく心の奥に染み渡ります。

 現実と夢が溶け合うような神秘的な世界、そこには人生の真実が在るような気持ちにさせられる。人間の心の深さを改めて感じ、現在の、過去の、自分の大切な人たちのことを想い起こさせてくれるような小説だと思います。



nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

「その女アレックス」「悲しみのイレーヌ」ピエール・ルメートル [本]

その女アレックス (文春文庫)

その女アレックス (文春文庫)

  • 作者: ピエール ルメートル
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2014/09/02
  • メディア: 文庫

 イギリス推理作家協会賞受賞作。日本でも「本屋大賞」第1位(翻訳小説部門)など。

 若い女性の監禁事件。捜索が進むにつれ、その女アレックスの驚愕の秘密が明らかになる。残酷な描写、痛ましい描写に震撼しながらも、二転三転するストーリー展開が気になって読み止まらなくなりました。救いようのない結末は後味悪いですが、なかなか読み応えのあるサイコサスペンスでした。

 事件の陰惨さとは対照的に、人間味溢れる捜査官たちの姿にはホッとさせられる。このキャラクターたちが魅力的なので本作の前に書かれた「悲しみのイレーヌ」(邦訳されたのはこちらが後)も読みました。

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/10/09
  • メディア: 文庫

 小説を模しての猟奇的殺人、そしてイレーヌの運命を知っているので、とても怖い内容でした。そして、最後に判明する斬新な仕掛けに驚かされました。こちらもぐいぐい引き込まれるストーリーでした。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「一路」 浅田次郎 [本]

一路(上) (中公文庫)一路 (上)  (中公文庫) 一路 (中公文庫)


 今週からNHKのBSプレミアムでドラマが始まるようですが、その前に原作を読んでみました。


 お家の存亡を賭けた一世一代の参勤交代を、機知と団結力で乗り切って行く痛快な時代小説です。

 愛嬌のあるお殿様と個性的な家来たちの姿がユーモア溢れる文章で細かに描写されていて、笑いあり涙あり。はらはらわくわくしながら、とても楽しく読み進みました。

 その名の通り真っ直ぐで忠誠心に厚い主人公、一路が清々しくていい男。彼が示す『一所懸命』の格好良さに感銘を受けました。

 現代社会で忘れかけている日本の良いところが一杯詰まっている作品です。

 ドラマでは、永山絢斗演じる一路はじめとする各人物像はもちろん、中山道と各宿場町の江戸情緒の残る風景を映像で見られると思うと凄く楽しみです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「ベルサイユのばら ⑪エピソード編Ⅰ」 池田理代子 [本]

ベルサイユのばら 11 (マーガレットコミックス)

ベルサイユのばら 11 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 池田 理代子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/08/25
  • メディア: コミック

 40年ぶりの新刊。4編の新作エピソードと、いくつかのコラム、作者のインタビューも盛り込まれています。登場人物のその後や、語られていなかった物語。

 小学生の頃、コミック本を友達に借りて読んだ時の興奮と切ない気持ちがよみがえりました。今思うと、歴史の面白さを知ったのはこの本がきっかけだった気がします。

 大人になって、文庫版をまとめて買って読み直しましたが、改めて感動、本当に傑作だと思います。娘も気に入っていて、本巻は彼女が買ったので読む機会を得ました。Ⅰということは次巻も出るのでしょうか・・・楽しみです。


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

「闇の中の男」 ポール・オースター [本]

闇の中の男

闇の中の男

  • 作者: ポール オースター
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/05/30
  • メディア: 単行本


 9.11後の現在に暮らす老人が眠れぬ夜の闇の中で夢想する、9.11の起きなかったアメリカの物語。そこではニューヨークの独立を巡って内戦が繰り広げられていて、その内戦を終わらせるために、一人の男が物語を創造した老人を暗殺する使命を負わされる、という作中作となっている。

 老人は娘とその娘と三人で暮らしており、それぞれが心に大きな喪失を抱えている。老人と孫娘は日々映画を観ては様々な事を語り合うのですが、この二人の対話によって、家族の歴史が明かされます。


 現実と虚構が交錯する中で広がる不思議な世界。語ること、物語に耳を傾けることで、人と人が繋がり、心が癒される。何度か引用される“このけったいな世界が転がっていくなか(As the weird world rolls on)”という詩の一節が印象深い。世界の混沌の中で人間が生きることについて考えさせられます。

 小津安二郎監督の「東京物語」についての作者の考察もとても興味深い。また本作も、オースターの世界に自然と引き込む柴田元幸氏の訳は流石です。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「銀翼のイカロス」 池井戸潤著 [本]

銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


 半沢直樹シリーズ第4弾の小説。

 業績悪化が続く帝国航空の担当を引き継いだ半沢は、経営再建計画修正案を作成。しかし、政権交代によってその修正案は破棄され、新政府が立ち上げた“再生タスクフォース”から500億円もの債権放棄を迫られる。

 政治家と行内の敵を相手に、半沢の戦いが繰り広げられる。金融庁の黒崎も登場します。

 ストーリーは引き込まれるし、半沢の“倍返し”が爽快ではありますが、その戦法としてはいつも通りで新鮮味はあまりなかったかな。前作『ロスジェネの逆襲』の方が面白かったと思います。

 とは言え、一気に読ませる文章は流石。十分に楽しめました。


 池井戸潤の作品、何冊か読んだ中では、やはり直木賞受賞の『下町ロケット』が一番好きです。

下町ロケット

下町ロケット

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/11/24
  • メディア: ハードカバー



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「櫛挽道守」 木内 昇 [本]

櫛挽道守

櫛挽道守

  • 作者: 木内 昇
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2013/12/05
  • メディア: 単行本


 長野県の伝統工芸品にお六櫛と呼ばれる梳き櫛がある。そのお六櫛を作る櫛挽職人となった主人公、登瀬の半生を綴った長編小説です。

 時代は幕末の動乱期、女性が思いのまま生きる困難と、その中で一途に櫛挽にのめり込む登瀬の姿。時に周りの者を傷つけてしまう程の彼女の純粋さ、天才職人の父への想い、早世した弟への想い、閉ざされた土地の風景と交錯して、そのもの悲しさに圧倒されます。

 苦悩の歳月を経て登瀬が辿り着いた場所の優しさがとてもいい。時代の片隅で懸命に生きる名もない人々を救ってくれるような木内昇氏の小説はやっぱり好きだなぁと思いました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「村上海賊の娘」 和田竜 [本]

村上海賊の娘 上巻村上海賊の娘 下巻



 村上海賊を主力とする毛利勢と、泉州海賊を主力とする織田勢が、大阪湾木津川口で激突した『第一次木津川口の戦い』の史実を元に描かれた時代小説です。 『2014年本屋大賞』を受賞した作品。

 時代背景に絡めて海賊の娘、景(きょう)を中心に、登場人物たちの立場や思惑などそれぞれの人物像が丁寧に描かれているので、最後まで飽きず一気に読みました。ユーモアある文章で、どの人物もとても魅力的に描かれています。

 特に下巻では、各家の存亡を巡っての緊迫感溢れる駆け引き。そして、遂に始まる壮絶な戦い…。誇りと信念を持って戦い抜く戦国武士たちの激しい生き様に圧倒されました。

 広島の実家に近いので、村上水軍の史跡には行ったことがあるのですが、詳しくは知らなかった。戦国時代こんなに力のあった海賊集団だったとは…。とても興味深い内容で勉強になりました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感